PC表示スマホ表示

移管手続きのやり方

移管手続きのやり方を見ていきましょう。前のページに続いて、野村証券からSBI証券への移管例を紹介します。“移管作業”というとなんだか手間がかかりそうですが、「たった1枚の書類を証券会社に提出するだけ」の簡単な作業です。やり方を具体的にみていきます。

1、まず、移管元(ここでは野村証券)に「投資信託を移管したい」旨を伝えます。そうすると、2〜3日くらいで移管に必要な書類を送ってもらえます(下の画像をクリックすると、別画面で大きく表示されます)。カスタマーセンター電話表を載せましたので、電話番号がわからない方はご参照ください。

書類サンプル

書類のサンプル

<カスタマーセンター電話表> (2012年7月現在)

金融機関名 フリーダイヤル 受付時間(平日) 受付時間(土・日・祝日)
野村証券 0120 - 00 - 8657 8時40分〜20時 9時〜17時
大和証券 0120 - 010101 8時〜22時 9時〜17時
みずほ証券 0120 - 324 - 390 8時30分〜21時 9時〜17時
SBI証券 0120 - 104 - 214 8時〜18時
 
三菱UFJ銀行 0120 - 860 - 777 9時〜21時
みずほ銀行 0120 - 3242 - 86 9時〜17時 ×
三井住友銀行 0120 - 56 - 3143 9時〜21時

2、書類が手元に届いたら必要事項を記入してください。私も実際に試してみましたが、記入例が同封されるので、それを見ながら書けば問題ないです。もし、わからないことがあれば、移管元(野村証券)のカスタマーセンターに連絡してください。

万が一、「移管元が移管に応じてくれない」、「営業マンが付いているので、どうしてもいい出しにくい」ということがありましたら、移管先(ここでは、SBI証券)に連絡することでも移管することができます。SBIのカスタマーセンターにお電話ください。

ここでは投資信託の移管を取り上げましたが、もちろん株や債券など他の金融商品も移管することができます。「株の売買手数料が安くなる」など移管するメリットは多いので、この際まとめて資産を移管したほうがお得でしょうね。下の表をご覧いただければ、一目瞭然です!

<野村証券とSBI証券の売買代金別、株式売買手数料の比較> 手数料で損をしていませんか?

証券会社 10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで 150万円まで 300万円まで
野村証券 2730円 2730円 6825円 11634円 15834円 28434円
SBI証券 150円 199円 293円 525円 628円 994円
(差額) 2585円 2536円 6467円 10995円 15070円 27225円

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用