PC表示スマホ表示

楽天証券でポイント投資~投資信託の買付・積み立てができます!~

追記
楽天、ポイント投資のイメージ

楽天証券公式サイトより

TVCMなどでおなじみの楽天。楽天といえばサービスを使うことで貯まる楽天スーパーポイントが有名ですね。このポイントを楽天証券投資に使えることをご存知ですか?楽天スーパーポイントがあれば、お得に投資ができます。

また、2018年10月27日からは投信積立の支払いで楽天カードが使えるようになり、積立額の1%がポイントで貯まるようになります。

楽天のサービスを有効活用すれば、投資をしながらポイントを貯め、貯めたポイントを投資に回すということができるようなります。このページでは楽天のポイント投資の詳細や、効率的なポイントの貯め方についてまとめました。

楽天証券のポイント投資がお得に進化します

楽天証券では、楽天スーパーポイントを1ポイント1円として、投資信託の買い付けに使うことができます。現金と合わせて購入する場合は最低1ポイントから、ポイントだけで買い付けする場合でも最低100ポイントから使うことができます。

今までは、金額を指定した買い付けのみポイントが使えましたが、2018年9月30日より、投資信託の積立投資でもポイントを使えるようになります。これにより、一般口座・NISA口座だけでなくつみたてNISA口座でもポイントを使った投資ができるようになります。

他の証券では、取引に応じてポイントがもらえるサービスはありますが、ポイントで投資ができるのは、今のところ楽天証券だけです。

利用単位 1ポイントを1円で利用できます
ポイントの
利用上限
■楽天ダイヤモンド会員
 1注文につき500,000ポイントまで
 1ヶ月につき500,000ポイントまで
■楽天ダイヤモンド会員以外
 1注文につき30,000ポイントまで
 1ヶ月につき100,000ポイントまで
※ポイントの利用上限は、楽天グループでの利用も含む
どの取引で使える ・通常買付(金額指定・積立購入
※積立対応は2018年9月30日~
NISA対応 ○:NISA、(9月30日より)つみたてNISA
×:ジュニアNISA
注意点 ・期間限定ポイント、他のポイントから交換した楽天スーパーポイントは対象外
・積立購入の場合は、楽天銀行との連携サービス『マネーブリッジ』の利用が必要です

ポイントの利用設定は細かく指定できます

投信積立でのポイント利用設定は、以下の3つが指定できます。

  •  ・一度に使う
  •  ・毎月の利用上限○○ポイントまで
  •  ・毎日の利用上限○○ポイントまで

ポイントの利用に上限を設定できるので、ポイントを貯めつつ一部を投資に使うような柔軟な設定もできます。

また、一度ポイントの利用設定を済ませれば、毎回ポイント残高に応じて自動的に積立金額の一部(もしくは全部)を、投資信託の買い付けに設定してくれます。

例:毎月の積立金額5,000円、ポイント利用上限を月500ポイントに設定した場合

ポイント残高 ポイント利用 現金利用
1月 500P ポイント利用上限の500P 4,500円
2月 0P 残高がないので0P 5,000円
3月 200P ポイント残高の200P 4,800円

普段から楽天でよく買い物をするという人は、沢山ポイントが貯まっていると思います。それで投資信託を買えば、お得に投資ができます!

楽天スーパーポイントを効率よく貯めるには?

楽天ポイント

楽天コーポレートサイトより

楽天スーパーポイントを貯めるには、楽天関連のサービスを使うことが必要です。このときに、使い方を工夫することで効率的にポイントを貯めることができます。ここからは楽天スーパーポイントの効率的な貯め方について見ていきます。

楽天市場を利用する

楽天のネット通販モール『楽天市場』での買い物、100円につき1ポイントが貯まります。この方法は、後ほとまとめている<月500円以上のポイント投資で『楽天市場』のポイントが+1倍>と組み合わせることで、よりお得にポイントを貯めることができます。

楽天証券を利用する

一番ベーシックな方法です。口座開設時にはポイントを貯められるキャンペーンがあるので、それも上手に使いましょう。また、楽天証券を利用してポイントを貯める場合、次に紹介する楽天銀行との連携をすることで、より効率的にポイントを貯めることができます。

楽天証券と楽天銀行を併用する

楽天銀行

楽天銀行コーポレートサイトより

楽天銀行は、ネット銀行の1つです。楽天銀行に預金をすることでもポイントが貯まります。また、楽天証券と楽天銀行を連携させるハッピープログラムを利用することで、投資信託の保有残高に応じたポイントがもらえたり、株の売買手数料100円ごとに1ポイントがもらえるようになります。その上、2社を連携させることで楽天銀行の預金金利を、大手銀行の100倍である0.1%にできる『マネーブリッジ』というサービスも提供されていますので、こちらにも注目です!

楽天証券ハッピープログラム

関連記事

楽天「証券・銀行」を利用して「ポイント還元」「ATM手数料の優遇」「預金金利up」!

楽天カードを利用する

(画像クリックで楽天カードのページに飛びます)

楽天のクレジットカード『楽天カード』を決済に利用することで、楽天ポイントが貯まります。普段の水道光熱費の支払いなど、毎月の支払いを楽天カードで決済し、ポイントを貯めているという方も多いのではないでしょうか?

楽天カードでは入会時に楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンを随時実施しているので、こちらも上手に活用したいですね!

楽天カードを使えば、積立をしながらポイントが貯まります!

楽天カードバナー

楽天証券公式サイトより

楽天証券で積立投資をするなら、決済方法を楽天カードにすると、お得にポイントが貯まります!2018年10月27日より、積立額の1%が楽天ポインで貯まるようになります。

月500円以上のポイント投資で『楽天市場』のポイントが+1倍

楽天市場での買い物をすることが多い場合は、投資信託の買い方を工夫しましょう。投資信託を500円以上買うときに、楽天スーパーポイントを使うことで、楽天市場での買い物についてくるポイントが+1倍になります。

ポイントを+1倍にするためには、①投資信託を1か月の間にまとめて500円以上買う、②投資信託を買うときにポイントを1ポイント以上使う必要があります。

また、楽天証券のポイントコースを楽天スーパーポイントコースに設定していないと、ポイント+1倍の対象外になるので気をつけましょう!

※楽天証券のポイントコースの補足
楽天証券には2つのポイントコースがあります。1つは楽天スーパーポイントコース、もう1つは楽天証券ポイントコースです。ポイントのもらえる条件はどちらも同じですが、ポイントの使い勝手が若干違います。

楽天スーパーポイント ・投資信託の購入時にポイントの利用上限がある
・ポイントを楽天グループで使える
楽天証券ポイント ・投資信託の購入時にポイントの利用上限がない
・ポイントをマイルに交換できる

楽天グループでポイント横断して使うなら楽天スーパーポイントコース、マイルを貯めているなら楽天証券ポイントコースが良さそうです。

楽天Edyを利用する

楽天の電子マネー『楽天Edy』を利用することでもポイントが貯まります。楽天Edyで200円の決済につき1ポイントがもらえます。また、楽天カードから楽天Edyに入金を実施することで、ポイントが付与されます。

この他、格安スマホの楽天モバイルの利用でポイントが貯まるなど、さまざまな場面で楽天ポイントを貯めることができます。

楽天証券

楽天証券

投信の取扱本数は業界トップクラス

楽天銀行との連携で預金金利の優遇ATM手数料の一部無料化など証券以外のサービスも充実しています。

楽天証券ハッピープログラム

関連記事

楽天「証券・銀行」を利用して「ポイント還元」「ATM手数料の優遇」「預金金利up」!

楽天のアプリ画像

関連記事

楽天証券に口座開設をすると、日経新聞の記事がスマホアプリで無料で読めます!


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用