PC表示スマホ表示

楽天の投資積立は、楽天カード決済でポイントが貯まります

追記
楽天カードバナー

楽天証券公式サイトより

楽天といえば、買い物などで貯まる楽天スーパーポイントが有名ですね。そんな楽天スーパーポイントが投信積立で貯まるようになります。2018年10月27日から、投資信託の積立を楽天カードで決済すると、積立額の1%がポイントで貯まるようになります!

楽天証券ではこの他にもポイントが貯まるサービスを実施していますが、ポイントを貯める方法がが多く、どんな取引でポイントが貯まるのか分かりづらくなっています。ですから、このページでは投資信託の取引に関連した楽天スーパーポイントの貯め方をまとめてみました。

また、ページの後半では、貯めた楽天スーパーポイントを投資に使うポイント投資についてもまとめましたので、合わせて使ってお得に投資できるようになりましょう!

楽天証券を使ったポイントの貯め方

まずは、楽天証券を使ったポイントの貯め方をまとめていきます。

①投信積み立てを楽天カード決済にする

楽天カード決済イメージ

楽天証券公式サイトより

楽天証券で投資信託の積み立てをするとき、決済方法を楽天カードクレジット決済にすることで、積み立てた金額の1%分の楽天スーパーポイントが貯まります。1か月に5万円までの積立額に対してポイントが貯まるので、1か月で最大500ポイントがもらえます。一般の証券口座だけでなく、NISA口座、つみたてNISA口座での投信積立も、楽天カード決済対象なのでありがたいですね。

毎月の積立額と運用期間で貯まるポイント数
運用期間 毎月の積立額
1万円 3万円 5万円
1年 1,200P 3,600P 6,000P
5年 6,000P 18,000P 30,000P
10年 12,000P 36,000P 60000P
20年 24,000P 72,000P 120,000P

月1万円の積立でも、1年間に1,200ポイントが貯まります。もちろん「積立額の上乗せ」や、「運用の継続」によってもらえるポイントが大きくなります。決済方法を変更するだけでこれだけのポイントが貯まるので、楽天証券で積立投資をするなら、決済方法を楽天カードクレジット決済に変更したほうがお得です。

②楽天証券と楽天銀行を連携させる「ハッピープログラム」を使う

ハッピープログラム

楽天銀行公式サイトより

グループのネット銀行である楽天銀行ハッピープログラムを使うと、投資信託の保有残高10万円につき、毎月4ポイントがもらえます。投信積立をしていれば自然と資産が積み上がり、もらえるポイントも増えていきますので、楽天カード決済と合わせてこちらの登録もおすすめします。

投信保有額と保有年数で貯まるポイント数
保有年数 投信保有額
10万円 50万円 100万円
1年 48P 240P 480P
5年 240P 1,200P 2,400P
10年 480P 2,400P 4,800P
20年 960P 4,800P 9,600P

ハッピープログラムの利用するには、まず楽天証券楽天銀行の連携サービスであるマネーブリッジを設定します。続いてハッピープログラムにエントリーすることで、投資信託の残高に応じてポイントがもらえるようになります。

また、ここで紹介しているマネーブリッジとハッピープログラムは、ポイントが貯まる以外にも、預金金利の優遇などの特典があるので、こちらも見逃せません。

マネーブリッジ・ハッピープログラムの主な特典
サービス名 特典
マネー
ブリッジ
  • ・楽天銀行の普通預金金利が0.1%(大手金融機関の100倍
  • ・楽天銀行にお金を預ければ、楽天証券に自動入出金されます
ハッピー
プログラム
  • ・楽天銀行の預金額によってATMの利用手数料が最大月7回まで無料に
  • ・預金額が増えると、各種取引による楽天スーパーポイントの獲得倍率が最大3倍に

参考:楽天銀行ハッピープログラムのランク判定基準と優遇内容の一部

楽天会員のランク判定基準

楽天銀行公式サイトより

さらに、楽天証券iDeCo(イデコ)の掛け金引き落としを楽天銀行に設定すると、1引き落としごとに1~3ポイントがもらえます。

ハッピー
プログラム
ランク
ベーシック/アドバンス プレミアム VIP/スーパーVIP
獲得
ポイント
1ポイント 2ポイント 3ポイント

 ▶ 楽天銀行公式サイト


③楽天市場を利用する

楽天のネット通販モール「楽天市場」での買い物100円につき1ポイントが貯まります。楽天市場での買い物だけでもポイントが貯まりますが、このときに楽天証券でポイント投資をしていると、楽天市場の買い物でもらえるポイントが+1倍になります。

ポイントを+1倍にするためには、楽天証券で以下の条件を満たす必要があります。

  1.  ①投資信託を1か月の間にまとめて500円以上買う
  2.  ②投資信託を買うときに1ポイント以上使う

また、楽天証券のポイントコースを楽天スーパーポイントコースに設定していないと、ポイント+1倍の対象外になるので気をつけましょう!

※楽天証券のポイントコースの補足
楽天証券には2つのポイントコースがあります。1つは楽天スーパーポイントコース、もう1つは楽天証券ポイントコースです。ポイントのもらえる条件はどちらも同じですが、ポイントの使い勝手が若干違います。

楽天スーパー
ポイント
・投資信託の購入時にポイントの利用上限がある
・ポイントを楽天グループで使える
楽天証券
ポイント
・投資信託の購入時にポイントの利用上限がない
・ポイントをマイルに交換できる

楽天証券以外でのポイントの貯め方

楽天ポイントのイメージ

楽天コーポレートサイトより

楽天スーパーポイントをさらに貯めるには、楽天関連のサービスを使うことが必要です。このときに、使い方を工夫することで効率的にポイントを貯めることができます。ここからは楽天証券以外での楽天スーパーポイントの代表的な貯め方について見ていきます。

楽天Edyを利用する

楽天の電子マネー楽天Edyを利用することでもポイントが貯まります。楽天Edyで200円の決済につき1ポイントがもらえます。また、楽天カードから楽天Edyに入金すると、200円につき 1ポイントが付与されますので、獲得ポイントが2倍になります!楽天Edyは、コンビニやスーパーなど身近な場所で使えるので、ポイントも貯めやすいでしょう。

決済額 2,000円 20,000円 200,000円
獲得
ポイント
10ポイント 100ポイント 1,000ポイント

続いては楽天証券のポイント投資についてくわしく見ていきます。

楽天証券のポイント投資

楽天、ポイント投資のイメージ

楽天証券公式サイトより

楽天証券では、楽天スーパーポイントを1ポイント1円として、投資信託の買い付けに使うことができます。現金と合わせて購入する場合は最低1ポイントから、ポイントだけで買い付けする場合でも最低100ポイントからポイント投資に対応しています。

ポイント投資が使えるサービス
NISA つみたてNISA ジュニアNISA iDeCo
× ×

ポイント投資は、金額を指定した買い付けと、積み立て買い付けに対応しています。また、一般の証券口座・NISA口座だけでなくつみたてNISA口座でもポイントを使った投資ができます。

利用単位 1ポイント=1円
ポイントの
利用上限
■楽天ダイヤモンド会員※
 1注文につき500,000ポイントまで
 1ヶ月につき500,000ポイントまで
■楽天ダイヤモンド会員以外
 1注文につき30,000ポイントまで
 1ヶ月につき100,000ポイントまで
(ポイントの利用上限は、楽天グループでの利用も含む)
使える取引 ・通常買付(金額指定・積立購入
NISA対応 ○:NISA、つみたてNISA
×:ジュニアNISA
注意点 ・利用に有効期限のある「期間限定ポイント」、他のポイントから交換した楽天スーパーポイントはポイント投資の対象外です
・積立購入の場合は、楽天銀行との連携サービス『マネーブリッジ』の利用が必要です

※参考:楽天会員のランク判定基準

楽天会員のランク判定基準

楽天ポイントクラブ公式サイトより

ポイントの利用設定は細かく指定できます

投信積立でのポイント利用設定は、以下の3つが指定できます。

  •  ・一度に使う
  •  ・毎月の利用上限○○ポイントまで
  •  ・毎日の利用上限○○ポイントまで

ポイントの利用に上限を設定できるので、ポイントを貯めつつ一部を投資に使うような柔軟な設定もできます。

また、一度ポイントの利用設定を済ませれば、毎回ポイント残高に応じて自動的に積立金額の一部(もしくは全部)を、投資信託の買い付けに設定してくれます。

例:毎月の積立金額5,000円、ポイント利用上限を月500ポイントに設定した場合

ポイント残高 ポイント利用 現金利用
1月 500P ポイント利用上限の500P 4,500円
2月 0P 残高がないので0P 5,000円
3月 200P ポイント残高の200P 4,800円

普段から楽天でよく買い物をするという人は、たくさんのポイントが貯まっていると思います。それで投資信託を買えば、お得に投資ができます!

まとめ

楽天証券

楽天証券は「投資でポイント貯める」「投資でポイントを使う」の両方ができるお得な証券会社です。また、さまざまな決済に楽天カードを使うことで、効率的にポイントを貯めることができる点も見逃せません。

なおかつ投資信託の取扱本数が業界トップクラスであり、投資に関連する各種サービスも揃っています。楽天証券で投資信託の積立や、つみたてNISAを始めようと考えている人は、ここで紹介した方法を使って、ポイントを効率よく貯めましょう!

楽天カードの新規入会と利用で5,000円相当のポイントがもらえます

楽天カードバナー

楽天証券公式サイトより

また、楽天カードを作ることで5,000ポイントがもらえるキャンペーンもあるので、まだ楽天カードを持っていない場合は、入会時のキャンペーンを使ってお得にポイントを貯めましょう!

このキャンペーンでもらえる楽天スーパーポイントのうち、2,000ポイントは利用期限がないポイントなので、先に紹介したポイント投資に使うことができます!

楽天証券のキャンペーンでさらにポイントが貯まります

【①NISA口座開設キャンペーン】

キャンペーン期間中にNISA・つみたてNISAいずれかの口座を新規開設した方の中から抽選で2,500名に2,000ポイントがプレゼントされます。(2018年12月28日まで)

【②楽天証券と楽天銀行の自動入出金設定で1,000円プレゼント】

1.楽天証券と楽天銀行両方の口座を開設する(2019年1月4日まで)

2.楽天銀行と楽天証券の連携設定とキャンペーンのエントリーを完了させると1,000円プレゼント(2019年1月18日まで)

楽天証券ハッピープログラム

関連記事

楽天「証券・銀行」を利用して「ポイント還元」「ATM手数料の優遇」「預金金利up」!

楽天のアプリ画像

関連記事

楽天証券に口座開設をすると、日経新聞の記事がスマホアプリで無料で読めます!


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用