投信ブロガーが選んだ投資信託ランキング【2022年の結果】

カテゴリー:ニュース・その他
最終更新日 : 2023年01月23日
投信ブロガーが選んだ投資信託ランキング【2022年の結果】

2023年1月21日(土)に開催された「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2022表彰式」を観覧しました。今年もオンライン開催となりました。
※以下、ファンドオブザイヤー

ファンドオブザイヤーは、一般投資家目線の投信ブロガーたちが、自分たちにとって本当に良いと思える投資信託を投票で選び、それを広めるイベントです。このページでは、「投信ブロガーが選んだ投資信託ランキング2022年の結果」、「上位3銘柄の詳細」を紹介します。

投信ブロガーが選んだ投資信託ランキング【2022年の結果】

ファンドオブザイヤーは、投信ブロガーの投票によってランキングが決まります。投票者は最大3つの投資信託に投票でき、投票順に3点・2点・1点が配点されます。なお、投票対象となる投資信託には、日本の証券会社を通じて買える海外ETFも含まれます。

2022年の結果は、以下のとおりでした!

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が最も票を集め、4年連続での1位受賞となりました。インデックスファンドが上位を占める中、アクティブファンドも熱いコメントとともに票を集めてランクインしています。

投信ブロガーたちは、運用している人の努力や、ファンドの歴史も加味して「だから好きなんだ!」と投票される人が多くいらっしゃいます。

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資 おおぶねには「受益者との関わり方が素晴らしい」、結い2101には「投資先へのリスペクトが感じられる」と評価されていました。ひふみ投信は直近の運用成績について厳しい意見もありながら「長期保有受益者に利益を還元してきたことは評価すべき」とコメントされていました。

11位~20位は、以下の結果となりました。

なお、昨年5位に入って注目されたiFreeレバレッジ NASDAQ100は、20位圏外へとランクダウンしました。

さて、ここからは上位3銘柄の詳細をご紹介します!

【第1位】eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、全世界(日本を含む先進国+新興国)の株式に投資できるインデックスファンドです。“オルカン”との呼び名で親しまれ「多くの人にとっての最適解、ファイナルアンサー」とのコメントが寄せられました。

今回で4年連続の1位受賞となりました。投信ブロガーの中には、オルカンのような誰もが認めるファンドではなく、自分の好きなファンドを上位にランクインさせるため、他へ票を投じた人もいらっしゃるでしょう。

そんな中で、2位の倍以上の票を獲得して1位を受賞したことから、いかにこの投資信託が評価されているかが窺えます。「4連覇はシンボリルドルフの単勝ぐらい鉄板と思っているものの、投票せざるを得ないぐらい隙がない」とのコメントもありました。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は、当サイト『やさしい投資信託のはじめ方』でもイチオシとして紹介している銘柄です。詳しくは、以下のページをご覧ください。

【第2位】<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドは、日本を除く先進国の株式に投資できるインデックスファンドです。メジャーな投資信託で初めて信託報酬の引き下げを行った“低コスト投信のパイオニア”です。

「すべてはこのファンドから始まった」、「このファンドが生まれたおかげ」など熱いコメントが多く寄せられました。

今回で9年連続でのトップ10入賞となりました。ニッセイアセットマネジメントの受賞コメントでは「来年も受賞できれば10年連続になる。新しい商品で応えていきたい。」と含みのある発言がありました。

“新しい商品”について

2024年から新NISAが始まることも見据えて、新しい投資信託の設定を検討しているのでしょう。これまで投資家からの期待に応えてきたニッセイアセットマネジメントですから、中途半端なことはしないと思いませんか?

個人的には、オルカンの信託報酬を下回る、超低コストの全世界株式インデックスファンドが新規設定されるのでないかと期待しています!

【第3位】eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は、アメリカを代表する500社の株式に投資できるインデックスファンドです。類似ファンドである「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」や「iシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド」を20位圏外に退けての3位受賞となりました。

国内投資信託の中で、2番目に純資産の大きなファンドです。「1位のアライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコースを抜いて、日本最大規模のファンドになる日もそう遠くないのでは」との話題も出ました。

<純資産総額ランキング>
順位 銘柄名 純資産総額
1 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース 1兆6,368億円
2 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 1兆6,238億円
3 ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型) 9,933億円
4 eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー) 8,139億円
5 グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし) 7,880億円

(2023年1月20日時点)

ファンドオブザイヤーは、一般投資家目線の投信ブロガーたちが、自分たちにとって本当に良いと思える投資信託を投票で選び、それを広めるイベントです。eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が4年連続で1位受賞となりました。

投信ブロガーおすすめの投資信託ランキング【2023年最新】

関連ページ

投信ブロガーおすすめの投資信託ランキング【2023年最新】

同時開催された「#TwitterFundOfTheYear2022」の上位入賞ファンドも掲載しています。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、つみたてNISAiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。