eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの評価と利回り

カテゴリー:投資信託
最終更新日 : 2021年06月24日
emaxis slim 先進国株式インデックスの国別構成比率

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは、海外先進国に投資できるインデックスファンドです。このページでは「評価や利回り」、「全世界株式と”どっち”がおすすめか」など徹底解説しています。
※eMAXIS Slimはイーマクシススリムと読みます。

基礎データ(評価・手数料・分配金の有無など)

<eMAXIS Slim 先進国株式の基礎データ>
評価・おすすめ度 ★★★★★ (5/5)
運用会社 三菱UFJ国際投信
連動対象 MSCIコクサイ・インデックス
ファンド設定日 2017年2月27日
分類 外国株式型インデックス
販売手数料
(購入時手数料)
無料
信託報酬
(運用管理費用)
0.1023%以内
信託財産留保額 無料
平均的な利回り 6.17%
分配金 なし

最新のチャートをご覧いただけます。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは、低コストで海外先進国に分散投資できるおすすめの銘柄です。連動対象のMSCIコクサイ・インデックスは、海外先進国22か国から構成されています。

この銘柄は、eMAXIS Slimシリーズのひとつです。このシリーズは、業界最低水準の運用コストを目指し続けます。言い換えると、常に最もお得に投資できる銘柄であり続けるということです。

また、eMAXIS Slimには受益者還元型信託報酬という仕組みがあります。以下の表のように純資産総額(投資信託の運用資金)が大きくなるほど、運用コストが安くなるので、さらにお得なのです。

<受益者還元型信託報酬>
純資産総額 信託報酬
500億円未満の部分 0.1023%
500億円以上
1,000億円未満の部分
0.100595%
1,000億円以上の部分 0.09889%

インデックスファンドは同じ指数に連動させる銘柄同士を比較すると、ほとんど同じような値動きをします。ですからeMAXIS Slim 先進国株式インデックスのように、運用コストを低く抑えられる銘柄は、良いパフォーマンスを期待できるのです。

また、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは、株式から得られた配当をファンド内で再投資するので分配金を出しません。ですので、この銘柄を使うと効率良く資産形成ができます。
(参考ページ:毎月分配型投資信託が損するしくみ

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの利回り

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスの平均的な利回りは、年利6.17%が目安です。

※利回りの根拠は、連動対象であるMSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)の2001年~2020年のCAGR(年平均成長率)から、想定される運用コストを差し引いて算出した数値です。
(参考ページ:CAGR(年平均成長率)|やさしい株のはじめ方

下のグラフは、過去20年分の値動きのイメージです。(2001年時点を10,000円としています)

emaxis slim 先進国株式インデックスの利回り

ニッセイ外国株式インデックスファンドとの比較

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは、MSCIコクサイ・インデックスに連動させる投資信託です。しかし、同じ指数に連動させるものには、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」という低コストの投資信託もあります。

どちらか選ぶなら、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスのほうがおすすめです。

先にご紹介したとおりeMAXIS Slimには受益者還元型信託報酬があるためです。両ファンドの基本的な信託報酬は「0.1023%」と同じですが、受益者還元型信託報酬という仕組みによって、実質的にはeMAXIS Slimのほうが安くなります

つまり、確実にかかってくるコストはeMAXIS Slimのほうが低く抑えられるのです。

以下の表は、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスとニッセイ外国株式インデックスのリターンを比較したものです。

<eMAXIS Slimとニッセイの比較>
銘柄名/信託報酬 トータルリターン
1年 3年
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
/0.1023%
45.21% 15.49%
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド

/0.1023%
45.35% 15.47%

※年率換算
(2021年6月現在)

1年のリターンはニッセイのほうが良いパフォーマンスとなっていますが、3年のリターンはeMAXIS Slimのほうが上回っています。このように、パフォーマンスはほぼ互角です。

全世界株式と”どっち”がおすすめ?

eMAXIS Slimシリーズには「全世界株式(オール・カントリー)」という投資信託があります。この銘柄は、海外先進国だけでなく、日本国内や新興国の株式にも投資できます。

全世界株式のほうがおすすめ

基本的には、全世界株式(オール・カントリー)のほうがおすすめです。なぜなら、これから一番良いパフォーマンスを上げるのは、海外先進国なのか、日本国内か新興国か、誰にもわからないからです。

正確に予測するのが不可能なのであれば、全世界に投資しておくほうが無難となります。

先進国株式のメリット

国内株式や新興国株式に投資したくない方には、先進国株式をおすすめします。経済のグローバル化・指数構成銘柄の新陳代謝などが不十分だという理由で、日本国内や新興国への投資は必要ないという考え方を持っている投資家の方々もいます。

そういった考えに共感する方は、先進国株式に投資すると良いでしょう。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスは、海外先進国に投資できるインデックスファンドです。先進国株式型インデックスファンドの中で、最もおすすめできる投資信託です。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、つみたてNISAiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。