PC表示スマホ表示

NISA口座の変更方法とメリット

「銀行や店舗型証券会社でNISAの口座を開いたけれど、思ったより手数料がかかってしまう」そんな悩みはありませんか?
対面で相談できる安心感はありますが、その分取引手数料は割高です。例えば安藤証券では、国内株式の購入手数料は1.1058%です。しかし、最低手数料が2,500円に設定されているので、10万円以下の少額取引でも2,500円かかってしまいます。これはちょっと割高ですね。

この手数料を10分の1以下に抑える方法があります。それがネット証券会社にNISA口座を変更することです。「もう面倒な手続きはしたくない」と思うかもしれませんが、NISAのネット証券への変更は意外と簡単にできてしまいます。

今回はNISA口座を変更する場合の注意点やポイントを説明します。

口座変更に必要な手続きは?

NISA口座は1人1口座と決まっていますが、1年ごとに金融機関を変更できます。つまり、NISAの口座を開設したら、翌年以降に金融機関を変えられるのです。
変更手続きには9月末までの期限があります。10月以降に変更手続きをした場合、同年中の変更はできず、翌年から変更となります。つまり2019年のNISA口座を変更するには、2018年10月~2019年の9月末までに手続きをする必要があります。

店舗型証券会社から、ネット証券への口座変更の手続きは以下の通りです。

NISA口座変更の流れ

NISA口座の開設は、通常2~3週間かかります。提出する書類に不備があると、口座変更までの時間が余計にかかってしまうので、提出する書類のチェックは忘れないようにしましょう。

NISAの口座を変更するメリット

ネット証券にNISA口座を変更するメリット は3つあります。

  1.  ①手数料が安くなる
  2.  ②選べる投資信託の数が増える
  3.  ③取引しやすくなる

1つ目は手数料の安さです。冒頭で説明した通り、店舗型証券会社の手数料はネット証券と比較すると割高です。各証券会社の手数料を下の表にまとめています。

店舗型証券会社手数料(国内株式)
証券会社 手数料(税抜き)
10万 20万 50万 100万
岡三証券 1,150円 2,300円 5,750円 11,500円
安藤証券 2,500円 2,500円 5,529円 10,912円
みずほ証券 2,500円 2,500円 5,250円 10,500円
ネット証券手数料(国内株式)
証券会社 手数料(税抜き)
10万 20万 50万 100万
楽天証券 90円 105円 250円 487円
SBI証券 90円 105円 250円 487円
マネックス証券 100円 180円 450円 1,000円
松井証券 0円 300円 500円 1,000円

店舗型証券会社は対面で相談できるため安心できますが、投資に慣れてきた人や、自分で情報が集められる人にとって、この手数料は痛いですね。ネット証券なら、この手数料をぐっと下げられます。

2つ目は、選べる投資信託の数が増えることです。例えば、野村証券が扱っている投資信託の数はおよそ800本ですが、楽天証券2,500本以上扱っています。

3つ目は、取引がしやすくなることです。ネット証券では、店舗に出向かなくてもパソコンやスマホから自分のタイミングで取引ができます。各証券会社の専用アプリやスマホサイトを利用すると、より手軽に取引できます。

NISAで口座を変更する場合の注意点

口座を変更するにあたり、注意するポイントが2つあります。

  1.  ①変更前に持っている資産は、変更先の金融機関に移せません
  2.  ②ロールオーバーは、同一の金融機関でしかできません

すでにNISA口座を開設して投資を始めている場合、その資産を別の金融機関に移すことはできません。例えば、A証券のNISA口座に50万円の投資をしている場合、それをB証券のNISA口座には移せません。ただし、その50万円分の金融商品は、そのままA証券の口座に残すことができ、引き続き非課税で最長5年間の運用ができます

また、NISA口座をすでに変更している場合も注意してください。2014年~2018年にNISAで運用を始めた資産は、翌年の非課税枠で引き続き運用を続けられるロールオーバーという制度が使えます。しかし、NISA口座を別の証券会社に変更している場合は、元の証券会社に戻さないとロールオーバーできません。

NISA口座におすすめのネット証券!

NISA口座の変更先におすすめのネット証券を紹介します!当サイトとの限定タイアップキャンペーンもあります!
新規口座開設キャンペーンを利用して、さらにお得にNISAを活用しましょう!

証券会社 投資信託
本数
手数料 特徴・キャンペーン
SBI証券
【限定タイアップ】レポート&
2,500円プレゼント
2,634本 90円~ 「毎日積立」「毎週好きな曜日積立」「指定の複数日付で積立」「隔月積立」など、好みの頻度で積立ができます
楽天証券
NISA口座開設で
2,000ポイントプレゼント
2,623本 90円~ 楽天ポイントを使って、100円から投資信託を購入できます
マネックス証券
抽選で3,000円プレゼント
1,142本 100円~ 販売手数料や毎月の残高に応じてマネックスポイントがもらえ、Tポイントなどに交換できます
松井証券
【限定タイアップ】レポート&
最大15,000円キャッシュバック
529本 0円~ 利用料無料でロボアドバイザー「投信工房」のサポートが受けられます

楽天証券は、楽天ポイントで投資信託の購入ができます。無駄なく投資をしたい人にはもってこいのサービスです。マネックス証券はマネックスポイントをTポイントなどに交換すれば買い物ができるのでお得です。その他、ロボアドバイザーが活用できる松井証券や、積立頻度を自由に選べるSBI証券などもあり、自分に合った投資スタイルを後押ししてくれそうです。

NISAを最大限活用しましょう!

すすめられるままに銀行や店舗型証券会社でNISA口座を開いた人も多いと思います。対面で相談できるところは安心なのですが、割高な手数料や投資信託の本数が限られているという状況では、思うような資産形成は難しいです。NISAのメリットを最大限に活かすには、ネット証券での運用がおすすめです!


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用