つみたてNISAとiDeCoはどっちを優先すべき?【違いを比較】

投資信託での運用は、得られた利益に約20%の税金がかかります。しかし、つみたてNISAiDeCo(イデコ・個人型確定拠出型年金)を使うと、税金ゼロでお得に運用できます。

このページでは、つみたてNISAとiDeCoについて「どちらから使うべきか」、「それぞれ優先すべき人はどのような場合か」といった内容を解説しています。

つみたてNISAとiDeCo、どちらから使う?

投資初心者の方は、つみたてNISAから使うと良いです。つみたてNISAは、投資初心者の方でも使いやすいように整えられている制度なので、はじめやすいですし、失敗もしにくいです。

一方、よりお得に運用したい方は、iDeCoから使うと良いです。つみたてNISAは、投資の利益にかかる税金がゼロになるだけですが、iDeCoを使えば、給料から天引きされている税金を減らして年末調整で取り戻すことまで可能です。もちろん投資の利益もゼロにできます。

しかし、iDeCoは原則60歳までお金を引き出せなかったり、受け取り方次第では税金がかかってしまったり、とあらかじめ理解しておかないといけないことが多くあります。

それぞれの特徴をかんたんにまとめると以下の表のようになります。なお、手数料についてはお得に運用できる大手ネット証券のものを掲載しています。

<つみたてNISAとiDeCoの比較>
比較項目 つみたてNISA iDeCo
税制
優遇
積立時 なし 掛け金全額が
所得控除
運用中 非課税 非課税
受取時 非課税 各種控除
手数料 加入時 無料 2,829円
運用中 無料 171円/月
受取時 無料 440円/回
出金 いつでも可能 原則60歳まで
不可
主な
投資対象
金融庁が定めた要件をクリアした
投資信託
  • 投資信託
  • 定期預金
  • 保険商品

※積み立てしない場合は66円/月

どちらから使うべきか、さらに詳しく解説していきます。

つみたてNISAを優先すべき人

投資初心者の方には、つみたてNISAからはじめてみることをおすすめします。

銘柄選びに失敗しにくい

投資信託には、積み立て投資に不向きなものが数多くあります。しかし、つみたてNISAで積み立てられる投資信託は、金融庁が定めた厳しい基準をクリアした銘柄のみとなっています。よって、多少の優劣はあるにしても大ハズレな投資信託を選んでしまうことはありません。

いつでも出金できる

iDeCoでは原則60歳まで出金できず、用途が老後資金に限られてしまいます。しかし、つみたてNISAでは、いつでも投資信託を売却してお金を用意できます。ライフイベントに合わせて教育資金やマイホームの購入にも充てられ、資金用途の自由度が高いです。

手数料が無料

iDeCoは利用するのに手数料がかかります。しかし、つみたてNISAは無料で使えます。iDeCoは所得がないとメリットを活かしきれないため、専業主婦(主夫)のような所得がない人、将来そうなるかもしれない人は、手数料無料で使えるつみたてNISAを優先したほうが良いです。

ここまで、つみたてNISAについて紹介してきました。続いて、iDeCoを優先したほうが良い人について解説していきます。

iDeCoを優先すべき人

よりお得なほうを使って運用したい方には、iDeCoから利用することをおすすめします。

つみたてNISAでは投資で得られた利益にかかる税金がゼロになりますが、iDeCoはそれだけでなく、給料から天引きされている税金を減らして年末調整で取り戻せるので、さらにお得に運用できます。

たとえば、30歳・年収300万円の人が60歳まで毎月2万円ずつ積み立てした場合、合計で約100万円も税金を減らせます。

ただし、以下のような注意点があります。

  • 原則60歳まではお金を引き出せない
  • 受け取り方次第では税金がかかる場合がある
  • 所得がない場合はメリットを活かしきれない

制度のメリットとデメリット、活用方法を理解している方は、iDeCoを優先させたほうがお得に運用できます。

積立資金に余裕があれば併用すべき!

つみたてNISAとiDeCoには積み立てられる金額に上限があります。

<つみたてNISAとiDeCoの積立上限>
比較項目 つみたてNISA iDeCo
年間 400,000円 144,000円
~816,000円
(企業年金なしの会社員の場合、276,000円)
1か月
あたり
の換算
33,333円 12,000円
~68,000円
(企業年金なしの会社員の場合、23,000円)

このように、それぞれ上限がありますが、つみたてNISAとiDeCoは同時に利用できます。資金に余裕がある場合は、併用することをおすすめします。

投資初心者でもはじめやすいのは「つみたてNISA」、よりお得に運用できるのは「iDeCo」です。資金に余裕がある場合は併用することをおすすめします。