PC表示スマホ表示
積立投資の基礎1 - 積立投資ってなに?

積み立て投資のメリット2

自動的に投資を続けられる

自動で投資信託を購入できることも、大きなメリットです。これを手動でやろうとすると、毎月1回パソコンを立ち上げて、わざわざ購入の操作をしなくてはなりません。あらかじめ購入設定をしておけば、決めておいた金額を証券口座から自動的に買い付けることができます。

たとえば、「Aという投資信託を毎月1日に2万円分買う」と設定すれば、毎月1日に「投資信託A」を2万円分買い続けます。こうしておけば、面倒な手間がかかりませんし、買い忘れも防げるので便利ですね。証券会社によっては、証券口座を通さずに、直接銀行口座から引き落として買うこともできますし、クレジットカードから自動決済することもできます。

さらに、自動で購入できるメリットとして、積み立てているのも忘れてしまうくらいの自然体で投資を続けられることがあります。実際にやってみるとよくわかるのですが、投資をするうえで、感情が邪魔になることがあるんです。

先ほども出てきましたが、最近では、リーマンショックや東日本大震災がありました。このとき、株や投資信託などさまざまな資産が大暴落しました。あとから振り返ると買いどきの大チャンスに見えるのですが、そのときは非常に買いにくいのです。なぜなら、投資家みんなが悲観的になり、ムードも弱気になります。すると、株などのリスクのある資産から逃げようとして、現金化をするためにたくさんの売り注文を出します。その結果、価格が下がるのですが、その場では投資家はパニックになっているのです。

そのあともどんどん下がっていくかもしれないし、いつになったら上がるのかわからないと考えるので、思い切って購入に踏み込めないのです。こんなパニックのとき買えるのは、投資に手慣れた上級者だけです。

資産価格の変動

初心者のみなさんは、感情に左右されずに機械的に積み立てるのが一番いいのです。手動では買いにくいときでも、自動にしておけば必ず買えます。このように感情を排除して淡々と投資ができるのも積み立て投資の魅力です。


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用