SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドの評価【雪だるまとの違い】

カテゴリー:投資信託
最終更新日 : 2022年07月05日
sbi・v・全世界株式インデックス・ファンド

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドは、全世界の大型株・中型株から小型株まで網羅する指数「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス」に連動するように運用される投資信託です。

このページでは、「SBI・V・全世界株式の評価」や、類似ファンドと比較して「『雪だるま』との違い」、「『楽天VT』との違い」など解説しています。

【SBI-VT】SBI・V・全世界株式の評価

<【SBI-VT】SBI・V・全世界株式の概要>
評価・おすすめ度 ★★★★★(5/5)
運用会社 SBIアセットマネジメント
連動対象 FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス
ファンド設定日 2022年1月31日
分類 外国株式型インデックス
販売手数料
(購入時手数料)
無料
信託報酬
(運用管理費用)
0.1338%程度
信託財産留保額 なし
つみたてNISAでの取扱 SBI証券のみ取扱
iDeCoでの取扱 なし

最新の価格・チャートをご覧いただけます。

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドは、「VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)」を投資対象とするインデックスファンドです。投資家の間では、「SBI-VT」とも呼ばれています。低コストで全世界の株式に分散投資できるおすすめの投資信託です。

sbi-vtの仕組み
SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド
の目論見書より引用

VTは、世界最大級の運用会社であるバンガード社によって運用される米国ETFです。「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」において13年連続でトップ10にランクインしているように、長きにわたり投資家から圧倒的な支持を集めています。

ただし、米国ETFである「VT」への投資は、ある程度まとまった資金が必要となったり、分配金を再投資する手間が必要となったりします。また、つみたてNISA(積立NISA)で投資できないことも難点です。

しかし、SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドは、100円から購入可能であり、分配金の再投資もファンド内で行われるため、投資しやすくなっています。さらに、この投資信託はつみたてNISA対象銘柄であるため、非課税制度のメリットを受けられる点も見逃せません。

比較項目 SBI・V・
全世界株式
VT
分類 国内投資信託 海外ETF
必要資金 100円 約12,000円
分配金 なし
(ファンド内で
再投資)
あり
つみたてNISA
での投資
可能 × 不可

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドは、信託報酬が0.1338%程度と低く設定されており、純資産も増加傾向にあるため、インデックス投資の王道である全世界への分散投資を実践したい方におすすめの投資信託です。
※VTの経費率を含む実質的な負担

「雪だるま」との違い

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」と同じ指数を連動対象とする投資信託に「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」があります。この銘柄には、「雪だるま(全世界株式)」という愛称があります。

これら2銘柄の主な違いは、信託報酬投資対象です。

<「SBI-VT」と「雪だるま」の違い>
比較項目 SBI・V・
全世界株式
雪だるま
(全世界株式)
信託報酬 0.1338% 0.1102%
投資対象 VT VTI
SPDW
SPEM

SBI・V・全世界株式は、シンプルにVTへの投資をしていく銘柄です。
対して、雪だるま(全世界株式)は、複数のETFを組み入れることにより、信託報酬をより低い水準に抑えられている銘柄です。

ただし、雪だるま(全世界株式)には注意点があります。それは、「ファンドが成果の目標としている連動対象」と「投資対象としているETFの連動対象」が同一でないことです。

雪だるま(全世界株式)の目論見書
SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま)
の目論見書より引用

インデックスファンドの目的は、指数へ連動させることですから、このような運用方法は少し不自然です。信託報酬を下げることに重きを置いており、「目標に対して誠実にアプローチしていない」とも言えます。

シンプルにVTへ投資していくことに魅力を感じる方には「SBI・V・全世界株式」、細かい投資対象にこだわらず低コストであることを重要視する方には「雪だるま(全世界株式)」がおすすめです。

「楽天VT」との違い

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」と同じように主な投資対象をVTとしている投資信託に「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」があります。この銘柄は、投資家の間で「楽天VT」との呼び名で親しまれています。

これら2銘柄の主な違いは、以下のとおりです。

<「SBI-VT」と「楽天VT」の違い>
比較項目 SBI・V・
全世界株式
楽天VT
信託報酬 0.1338% 0.202%
投資対象 VT VT
VTI
VXUS
先物 投資しない 投資する

楽天VTは、VT以外にも「VTI※1VXUS※2」といった米国ETFや、先物にも投資をします。
※1)バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
※2)バンガード・トータル・インターナショナル・ストックETF

<楽天VTの投資状況>

楽天vtの投資状況
楽天・全世界株式インデックス・ファンド
の月次レポートより引用
(作成基準日:5月31日)

VTIやVXUSに投資する理由

実質的な信託報酬の引き下げが期待できるためです。VTの経費率0.7%に対して、VTIは0.3%、VXUSは0.7%となっています。つまり、VTIの組入比率が大きくなるほど、運用コストが下がるのです。

しかし、投資家の方々からは必ずしも歓迎されているわけではなく「改悪」と言う人もいます。理由は「雪だるま(全世界株式)」と同じで、「ファンドが成果の目標としている連動対象」と「投資対象としているETFの連動対象」にズレが生じてしまうためです。

vt・vti・vxusの詳細
楽天・全世界株式インデックス・ファンド
の目論見書より引用

先物に投資する理由

楽天VTが先物に投資しているのは、指数への連動性を高めるためです。
※先物とは、将来の売買を約束して取引する金融派生商品のことです。証拠金を差し入れることで元手よりも大きな取引ができる特徴があります。

楽天VTIは、多額の解約注文があった場合などに備えて、資金の流動性を保てるように「短期金融資産」を持っています。しかし、短期金融資産を持っていると、そのぶんETFの組入比率が下がってしまい、指数への連動性に悪影響が出ます。

そこで、先物取引を利用することにより、短期金融資産を用意しておきながら、実質的な株式の組入比率は100%に近づけられ、指数への連動性を高めているのです。
※S&P500株価指数先物、MSCIエマージング・マーケット・インデックス先物へ投資しています。

このように、楽天VTは、良くも悪くもさまざまな工夫をして運用されています。
対して、SBI・V・全世界株式は、シンプルな仕組みで楽天VTよりも低コストで運用されます。

SBI証券での買い方

最後にSBI・V・全世界株式インデックス・ファンドの買い方を解説します。

この銘柄は、SBI証券限定の投資信託です。まずは、SBI証券に口座開設しましょう。当サイト『やさしい投資信託のはじめ方』では、限定タイアッププログラムを実施していますので、ぜひご利用ください。

SBI証券に口座開設をする手順(パソコン)

SBI証券に口座開設をする手順(スマートフォン)

SBI証券との限定タイアッププログラム

SBI証券のタイアッププログラム

約5分で申込み完了します。

このページでは、スマートフォン表示での注文方法を解説しています。パソコンをお使いの方は、以下のページをご覧ください。

SBI証券で投資信託を買う(スポット購入)

SBI証券で投資信託を買う(積立投資)

①まず、SBI証券でログインして『』をタップします。

sbi-vtの買い方(1)
↓

②画面を下にスクロールして『投資信託』→『投資信託トップ』の順でタップします。

sbi-vtの買い方(2)
↓

③検索ボックスに「sbiv全世界株式」と入力して、検索ボタンをタップします。「v」を入れずに検索した場合は別のファンドが表示されるため、間違えて選ばないようご注意ください。

sbi-vtの買い方(3)
↓

④検索結果に表示された『SBI – SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド』をタップします。

sbi-vtの買い方(4)
↓

⑤『買付』をタップします。

sbi-vtの買い方(5)
↓

⑥買付方法を選択します。今回は『金額指定買付』で進めていきます。

sbi-vtの買い方(6)
↓

⑦「目論見書補完書面」と「目論見書」を確認して、『同意して次へ』をタップします。

sbi-vtの買い方(7)
↓

⑧「注文金額」、「取引パスワード」などを入力して『確認』をタップします。

SBI証券では、TポイントまたはPontaポイントを使って投資信託を買えます。今回はTポイント設定で「全部利用する」を選択してみました。ポイント投資したい方は、前もって、ポイントの会員番号をSBI証券に登録しておきましょう。

sbi-vtの買い方(8)
↓

⑨最後に、注文確認画面が表示されるので、問題なければ『発注』をタップします。

sbi-vtの買い方(9)

これで注文完了です!

もっと見る

SBI・V・全世界株式インデックス・ファンドは、低コストで全世界の株式に分散投資できるおすすめの投資信託です。類似ファンドの雪だるま(全世界株式)は「ファンドが成果の目標としている連動対象」と「投資対象としているETFの連動対象」が同一でない点にご注意ください。

この記事の執筆者

やさしい投資信託のはじめ方編集部

やさしい投資信託のはじめ方編集部

Twitter「@toushikiso」でも情報発信中です!

「やさしい投資信託のはじめ方」は、これから投資をはじめたい!という方に投資信託を使った投資方法を紹介する、初心者向けのサイトです。口座開設から積立投資、つみたてNISAiDecoなど、将来の資産形成に役立つ情報を紹介しています。