PC表示スマホ表示

三菱UFJ-欧豪リートファンド(毎月決算型)

(最終更新日 2018/02/28)

三菱UFJ-欧豪リートファンド(毎月決算型)」は、 ヨーロッパおよびオーストラリアのREIT(リート)を運用している投資信託です。構成比率は、ヨーロッパ、オーストラリア、それぞれ50%ずつです。アクティブ型なので手数料はやや高めになっています。(おすすめ度 ★★☆☆☆

基礎データ

三菱UFJ-欧豪リートファンド(毎月決算型)の基準価格・純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 なし
ファンド設定日 2007年6月13日
分類 海外リート型アクティブ
基準価格 5,132円
最低申込金額
(SBI証券)
100円~
購入時手数料 2.16%(1000万円未満)
運用管理費用
(信託報酬)
0.972%
信託財産留保額 無料
運用資産額 34.02億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
16.91% / 0.71% / 9.20%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

投資信託の紹介

購入手数料は2.16%、運用管理費用は0.972%とやや高い水準にあります。“100円から(SBI証券の場合)”購入できますが、分配金が毎月出ていきますので、元本を積み上げて複利でコツコツふやしていく積立投資には向いてません。純資産総額は38億円となっています。

現在はヨーロッパ・オーストラリアともに金融緩和で金利を引き下げており、その分借り入れコストが小さくなっています。このため、以前ならリターンが小さくて採算が取れなかった不動産へも投資ができるようになりました。その影響でリートの価格も上昇しており、この流れが続く限り安定したリターンを得ることができそうです。

ただ、オーストラリアは欧米の投資マネーがたくさん流入しており、ヨーロッパやアメリカで金融ショックが起きたときは、その巻き戻しで一緒に暴落してしまいますのでご注意ください。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用