PC表示スマホ表示

運用管理費用(信託報酬)ランキング

投資信託の運用時にかかる運用管理費用(信託報酬)のランキングです。

運用管理費用は、投資信託を持っている期間中にずっとかかる費用です。つみたて投資のように長期で資産運用をすると、積もり積もって将来のリターンに与える影響はかなり大きくなります。投資信託の購入時には運用管理費用もチェックしておきましょう。

ここで登場する投資信託は、どんな方に向いた投資信託なのか?

積み立て設定件数ランキングと同じく、積立投資NISAなどを利用し、長期に渡って資産を作っていきたいという方に向いた商品です。

運用管理費用ランキング

順位 ファンド名/カテゴリ 運用管理
費用
リターン
(1年)
最新
価格
1 SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド
/外国株(先進国)
0.094% - 詳細
2 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
/外国株(先進国)
0.11% -3.02% 詳細
3 <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
/外国株(先進国)
0.11% -3.06% 詳細
4 たわらノーロード 先進国株式
/外国株(先進国)
0.11% -3.15% 詳細
5 SBI・全世界株式インデックス・ファンド
/外国株(先進国)
0.111% -5.17% 詳細
6 SBI・先進国株式インデックス・ファンド
/外国株(先進国)
0.117% -5.21% 詳細
7 <購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
/国内債券
0.132% 3.98% 詳細
8 eMAXIS Slim 国内債券インデックス
/国内債券
0.132% 3.88% 詳細
9 Smart-i 国内債券インデックス
/国内債券
0.132% 3.83% 詳細
10 eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
/外国株(先進国)
0.132% -3.61% 詳細

SBI証券調べ:2019年10月

上位の投資信託をピックアップ!

投資信託のイメージ画像

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

世界の先進国に投資するインデックス型の投資信託です。


この商品はeMAXIS Slimというシリーズの1つです。このシリーズは数あるインデックスファンドの中でも、運用にかかるコストを業界最低水準に抑えることを目標としています。運用コストを抑えたい積立投資に取り組む方に向いています。


2019年7月、運用管理費用0.108%に引き下げられ、このカテゴリの商品の中で、最も低コストな商品となりました。

投資信託のイメージ画像

SBI・先進国株式インデックス・ファンド
(愛称:雪だるま(先進国株式))

日本を含む先進国の株式市場に1本で投資できるインデックス型の投資信託です。

運用管理費用は0.1155%です。

投資信託のイメージ画像

<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド

日本の債券に投資するインデックス型の投資信託です。

こちらの商品は<購入・換金手数料なし>シリーズの1つで、運用にかかるコストの引き下げに意欲的なシリーズです。コストの低さでは、eMAXIS Slimシリーズと同等のレベルにあると言えます。

投資信託ランキング一覧

ファンドアワードなど


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用