PC表示スマホ表示

騰落率(下落率)ランキング

投資信託の基準価格を1か月前の基準価格と比較し、基準価格の下落率が大きいものを下位からランキングしています。

こうした商品は、旬のテーマに乗っかって運用益を膨らますものだけでなく、新興国株など経済動向によって大きく値が動くもの、日経平均株価のような株価指数の数倍の値動きをする『ブルベアファンド』など、リスクの大きい商品が集まります。

ハイリスク・ハイリターンの商品を売買する場合は売買する額を小さくしたり、リスク分散のために債券型の投資信託やバランスファンドなど、リスクを分散できる商品をあわせて持つなどの工夫をしましょう。

順位 ファンド名/カテゴリ 騰落率
(1年)
リターン
(1年)
最新
価格
1 CAM世界金融機関ハイブリッド・ファンド為替ヘッジあり3ヶ月決算型
/外国債券
-65.73% -65.8% -
2 ブラジル株式ツインαファンド(毎月分配型)ツインα・コース
/外国株(新興国)
-41.25% 0.16% 詳細
3 日本株アルファ・カルテット(毎月分配型)
/国内株
-38.29% -17.15% 詳細
4 トルコ・ボンド・オープン(毎月決算型)
/外国債券
-37.67% -28.42% 詳細
5 世界レアメタル関連株ファンド
/外国株
-35.76% -37.24% 詳細
6 カレラ 日本小型株式ファンド
/国内株
-33.46% -22.85% -
7 UBPトルコ株式ファンド
/外国株(新興国)
-33.4% -34.77% -
8 トルコ株式オープン
/外国株(新興国)
-32.97% -34.08% 詳細
9 日本株厳選ファンド・トルコリラコース
/国内株
-32.58% -25.17% 詳細
10 資源ツインαファンド(通貨選択型)(ブラジルレアルコース)
/その他
-30.8% -17.16% 詳細

SBI証券調べ:2019年3月

投資信託ランキング一覧

ファンドアワードなど


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用