【ボーナス設定】つみたてNISAを年の途中から40万円使い切る裏ワザ

つみたてNISAについて、こんな疑問をお持ちではありませんか?

「つみたてNISAって、ひと月の積立上限額が決まっているんでしょ? 11月から始めたら遅いんじゃ…?」

そう、月の積立上限額が33,333円となっていることは確かです。11月から始めたら、66,666円ですね。つみたてNISAの年間の投資上限額は40万円なので、そのままではおよそ33万円の非課税枠を使い切れないまま終わってしまいます。

ところがボーナス設定を使うと、11月から始めても、年間の投資上限額40万円まですべて今年中に投資できるのです!

このページでは、年の途中から始めた場合に、非課税枠40万円分を使い切る方法をご紹介します。

つみたてNISAを年の途中から始めた場合

つみたてNISAの月間積立上限額は33,333円と決まっています。これは、年間の非課税枠40万円を12か月で割った数字です。

<つみたてNISAの積立上限額>
積立nisaの上限額

たとえば、2021年11月に、つみたてNISAを始めたとします。11月、12月の2か月間で、66,666円まで非課税枠を使えます。先ほど説明したとおり、年間の非課税枠は40万円です。したがって、通常は約33万円が残ったままとなってしまうのです。そして残った非課税枠は、残念ながら2022年に持ち越すことができません。

<つみたてNISAを年の途中から始めた場合>
積立nisaを年の途中から始めた場合

投資に回せる資金を持っている人にとって、非課税枠を使い切れないのは、なんとも悔しいところですね。 しかし、この約33万円の非課税枠を2021年内に使い切る裏ワザがあります。それが、SBI証券楽天証券などの、つみたてNISAボーナス設定です。

40万円の非課税枠をボーナス設定で使い切る

ボーナス設定は、残ってしまった非課税枠を無駄なく使い切れるサービスです。年2回好きな日に設定して、月の積立上限額33,333円を超えて増額積み立てできます。これを利用することで、年間の非課税枠40万ギリギリまで投資できるのです。

<ボーナス設定(ボーナス買い付け機能)で使い切る>
ボーナス設定で使い切る

複利運用で雪だるま式に資金が増える投資信託では、早い段階から非課税枠をフル活用したほうが有利です。「つみたてNISAに申し込んだのに、積立上限額に縛られて、66,666円までしか投資できない…」そのようなお悩みを持っている人は、ぜひボーナス設定を使いましょう!

10月・11月から口座開設しても間に合う!

途中からはじめても、投資枠を使い切れることは説明しましたが、10月・11月時点で、まだ証券口座すら無い人でもネット証券なら間に合う可能性は十分にあります!

ネット証券の口座開設から取引できるまでの日数は、最短で翌日、長くて1週間程度です。そこからつみたてNISA口座開設には、税務署の審査などで1~2週間ほどかかるので、大体2~3週間程度あれば、今年中に間に合うでしょう。遅くとも12月頭までには申し込みを済ませておきたいですね。

<つみたてNISAが使えるネット証券>
証券会社 ボーナス設定
・増額設定
口座開設までの期間 詳細
ページ
SBI証券 〇 最短で
翌日
詳細
マネックス
証券
〇 最短で
翌日
詳細
楽天証券 〇 最短で
翌日
詳細
auカブコム
証券
〇 4日 詳細
松井証券 - 4日 詳細

※あくまで理論上の最短日数です。お住まいの地域や申込みのタイミング、その他の要因で記載の日数より遅くなることがあります。また、つみたてNISAの口座を開設する場合、税務署での審査などがあるので、上記の日数+1~2週間ほど期間がかかります。

SBI証券との限定タイアッププログラム

SBI証券のタイアッププログラム

約5分で申込み完了します。

12月から口座開設をすれば1月スタートで始められる!

ボーナス設定を利用すれば、40万円の非課税枠を使い切れます。しかし、先のように11月から口座開設してボーナス設定で使い切ると、30万円を超える一括購入をすることになります。

ですから、できるだけ投資するタイミングを分散させたい方には、1月からスタートすることをおすすめします。

前の章でご紹介したとおり、つみたてNISAの口座開設には、税務署の審査など1~2週間ほどかかります。1月からつみたてNISAをスタートするには、前年の12月までに口座開設を申し込んでおきましょう!

積立投資するならどっちがいい?「つみたてNISA」と「一般NISA」

つみたてNISAと違い、NISA(一般NISA)は月の上限額がありません。つまり120万円の非課税枠を一気に使い切ることも可能です。「じゃあ、ボーナス設定なんて使わなくてもNISAで買えばいいじゃん」と思った人もいるでしょう。

しかし、NISAは1年あたりの投資枠が120万円と大きいものの、非課税期間が5年間と短いです。一方、つみたてNISAは1年間あたりの投資枠が40万円と小さいですが、非課税期間は20年間とかなり長くなっています。

<積立投資するならどっちがいい?>
制度 1年あたりの投資枠 非課税期間
つみたてNISA 40万円 20年間
NISA 120万円 5年間

個別株を購入しておらず、長い運用期間でじっくり資産を増やしたい人は、つみたてNISAを利用したほうが良いです。

「NISA」から「つみたてNISA」に変更する方法と注意点

NISA」と「つみたてNISA」は併用できません。そのため、NISAからつみたてNISAに切り替える場合は、手続きをすることになります。

金融機関に書類を提出

手続きはかんたんです。利用している金融機関から「つみたてNISAへの変更届出書」を取り寄せて記入するだけです。ただし、NISA口座の開設時にマイナンバーの登録をしていなかった場合、マイナンバーがわかるもののコピーなどを提出する必要があります。

切り替えは1年ごと

切り替えに費用はかかりません。ただし、切り替えは1年ごとと決められています。たとえば2021年の段階で、すでにNISA口座で投資信託や株を購入している場合、2021年中につみたてNISAに切り替えることはできません。

つみたてNISAへの切り替えを検討している人は、その年の非課税枠をフル活用して、翌年からつみたてNISAを利用することをおすすめします。2021年10月から12月の間に手続きをすることで、2022年からつみたてNISAに切り替えられます。

非課税での運用は続く

ここでポイントとなるのは、NISAからつみたてNISAに切り替えても、NISAで買った投資信託や株は引き続き非課税で運用されることです。たとえば、2021年にNISAで投資信託Aを購入し、2022年につみたてNISAに切り替えたとします。NISAで買った投資信託Aは、2025年までの5年間は非課税で運用が続けられるのです。口座を切り替えたからといって、今までの投資がムダになるようなことはありません

つみたてNISAは、年の途中から始めてもボーナス設定を利用すれば、非課税枠の40万円を使い切ることが可能です。10月・11月から口座開設しても間に合うので、ボーナス設定をうまく活用して、非課税枠を使い切りましょう!