PC表示スマホ表示

DIAM-ワールドREITアクティブファンド(毎月決算型)世界のハッピーオーナー

(最終更新日 2018/02/27)

DIAM-ワールドREITアクティブファンド(毎月決算型)世界のハッピーオーナー」は、 アメリカやオーストラリアのREIT(リート)を中心に運用している投資信託です。構成比率は、アメリカが46%、欧州が18%、アジア・オセアニアが36%となっています。アクティブ型なので手数料はやや高めになっています。(おすすめ度 ★★★☆☆

基礎データ

DIAM-ワールドREITアクティブファンド(毎月決算型)世界のハッピーオーナーの基準価格・純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 なし
ファンド設定日 2007年5月24日
分類 海外リート型アクティブ
基準価格 6,954円
最低申込金額
(SBI証券)
100円~
購入時手数料 無料
運用管理費用
(信託報酬)
1.7064%
信託財産留保額 0.3%
運用資産額 27.68億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
9.22% / 0.62% / 8.19%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

投資信託の紹介

購入手数料は無料ですが、運用管理費用は1.7064%とやや高い水準にあります。購入は“100円から(SBI証券の場合)”できますが、毎月分配金を出していますので、じっくり保有してコツコツ複利で資産を拡大していく積み立て投資には向いてません。純資産総額は31億円となっています。

アメリカは、2012年9月に第3弾となる大規模な金融緩和を発表し、毎月400億ドル(≒3.2兆円)分の不動産担保証券を買い入れてます。大統領選挙で政権が交代すると、この流れが打ち切られる可能性がありますが、現在のままなら、しばらくは円高・ドル安が維持され、米REITの価格は上昇するのではないでしょうか。

オーストラリアは、昨年末あたりから景況感が悪化してきており、現在、景気刺激策として金利の引き下げ(債券価格は上昇)に動いています。これが効果的に働いて経済が活性化すれば、投機マネーが再び流入し、通貨高に向かうかと思います。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用