PC表示スマホ表示

海外REIT(リート)型ファンドの比較

by DARSHAN SIMHA

通常の投資信託は株や債券にメインで投資をしますが、REIT(リート)は不動産に投資をする商品です。数万円で、世界の不動産に投資できます。一般的に債券型の投資信託に比べて値動きが大きく、株型の投資信託に比べて値動きが小さいことが特徴です。ここでは低価格運用できることで個人投資家の人気を集めるREIT型のインデックスファンドを中心にご紹介します。

各タイプの運用管理費用(信託報酬)ランキング

先進国型

順位 ファンド名 信託報酬
(税抜)
最新価格
1 eMAXIS Slim 先進国リートインデックス 0.2% 詳細
Smart-i 先進国リートインデックス 0.2% 詳細
2 たわらノーロード 先進国リート 0.27% 詳細
三井住友・DC外国リート・インデックスファンド 0.27% 詳細

2019年11月現在

新興国型

順位 ファンド名 信託報酬
(税抜)
最新価格
1 eMAXIS 新興国リートインデックス 0.6% 詳細
SMT 新興国REITインデックス・オープン 0.6% 詳細

2019年11月現在

全世界型

順位 ファンド名 信託報酬
(税抜)
最新価格
1 <購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド 0.27% 詳細
2 EXE-i グローバルREITファンド 0.31% 詳細

2019年11月現在

ランキング上位投信の詳細

※各投資信託のトータルリターンは2019年11月現在のものです。

Smart-i 先進国リートインデックス

Smart-i 先進国リートインデックス

先進国のREIT指数に投資できるインデックス型の投資信託です。運用管理費用(信託報酬)が年0.22%と、業界最低水準に設定されています。

⇒最新の基準価格はこちら

【トータルリターン】
1年 3年 5年
14.48% - -

【購入できる主な証券会社】

  • SBI証券ボタン
  • マネックス証券ボタン
  • 楽天証券ボタン
  • 松井証券ボタン
  • 岡三オンライン証券
Smart-i 先進国リートインデックス

eMAXIS 新興国リートインデックス

新興国のREIT指数に投資できるインデックス型の投資信託です。運用管理費用(信託報酬)が年0.66%と、新興国に投資できる商品の中では低く設定されています。

⇒最新の基準価格はこちら

【トータルリターン】
1年 3年 5年
6.37% -1.09% -4.06%

【購入できる主な証券会社】

  • SBI証券ボタン
  • マネックス証券ボタン
  • 楽天証券ボタン
  • 松井証券ボタン
  • カブドットコム証券
  • 岡三オンライン証券
Smart-i 先進国リートインデックス

<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド

世界各国のREIT指数に投資できるインデックス型の投資信託です。地域別の投資比率は、アメリカが約70%、オーストラリアが7%、イギリスが5%です。運用管理費用(信託報酬)が年0.29%と、世界のREITに投資できる商品の中では最低水準の手数料が設定されています。

⇒最新の基準価格はこちら

【トータルリターン】
1年 3年 5年
14.05% 10.23% 6.07%

【購入できる主な証券会社】

  • SBI証券ボタン
  • マネックス証券ボタン
  • 楽天証券ボタン
  • 松井証券ボタン
  • カブドットコム証券
  • 岡三オンライン証券

その他の海外リート型ファンド


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用