PC表示スマホ表示

日興-グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)

(最終更新日 2019/09/09)

日興-グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)」は、世界(日本を含む)の株式、REIT(不動産)および債券などに分散投資をおこなうバランスファンドです。先物取引を活用することで、バランスファンドの安定性を維持しながら、株式並みのリターンを目指します。(おすすめ度 ★★★☆☆

基礎データ

日興-グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)の基準価格・純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 なし
ファンド設定日 2018年10月04日
分類 バランス型インデックス
基準価格 12,078円
最低申込金額
(SBI証券)
100円〜
購入時手数料 無料
運用管理費用
(信託報酬)
0.4752%
信託財産留保額 無料
運用資産額 1,573.02億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
-% / -% / -%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

投資信託の紹介

日興アセットマネジメントが運用しているバランス型の投資信託です。購入・売却時の手数料が無料で、運用管理費用0.4752%と、同タイプの投資信託の中では低い水準にあります。

グローバル3倍3分法ファンドの特徴は、バランスファンドの安定性を維持しながら、株式並みのリターンを目指すという点です。このような運用ができる理由は、投資信託の運用に先物取引を取り入れているためです。先物取引を活用することで、実際の運用額の3倍の資産を運用するしくみを作っています。

このしくみを活用することで、リスクが大きい株式の投資比率を60%、REITの投資比率を40%として、投資信託の収益性を高めます。あわせてリスクが小さい債券の投資比率を200%とすることで、投資信託全体のリスクを下げています。このしくみによって、バランスファンドの特徴を持ちつつ、株に投資する投資信託のような収益性が高いという特徴の両立を目指します。

過去半年の運用実績をTOPIXと比較すると、グローバル3倍3分法ファンドは、全期間でTOPIXの成績を上回っています。

リターン 3倍3分法 TOPIX
1か月 1.25% -4.02%
3か月 9.09% -1.17%
半年 13.15% -4.80%

主な販売窓口(ネット証券会社など)

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • カブドットコム証券
  • 松井証券
  • SMBC日興証券
  • 岡三オンライン証券

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用