PC表示スマホ表示

iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)

(最終更新日 2019/08/21)

iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)は、米国の株価指数S&P500に連動する投資成果を目指す海外ETFです。S&P500は米国株式市場の大型株のパフォーマンスを反映しており、米国株式市場の時価総額の約80%を占めています。(おすすめ度 ★★★★★

基礎データ

iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)の価格推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 Standard & Poor’s 500 Index
設定日 2000年5月15日
分類 海外ETF
価格 290.47米ドル
経費率
(信託報酬)
0.04%
純資産総額 2641.72億米ドル
騰落率
(1年/3年/5年)
3.39% / 40.32% / 61.22%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

ETFの紹介

iシェアーズ・コア S&P 500 ETF(IVV)は、世界最大の資産運用会社ブラックロックが運用するETFです。米国の大型株で構成されるS&P500に連動する投資成果を目指します。S&P500は金融、エネルギー、テクノロジー、通信、産業など多くの業種の銘柄から構成されています。

具体的には、「マイクロソフト」や「アップル」、「アマゾン」などの消費者向けサービス銘柄、米国の著名な投資家ウォーレンバフェットが率いる投資会社「バークシャー・ハサウェイ」などが含まれます。これ1本で多くのアメリカの大型株に分散投資ができるのが、IVVの特徴です。運用にかかるコスト「経費率」は0.04%と、海外ETFの中でも特に低く設定されている点も魅力です。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • SMBC日興証券

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用