おすすめ日本株式ファンドの比較紹介

日本株を投資対象とするファンドの中でも、皆さんがよく耳にする日経平均株価TOPIXに似た動きをするファンドがあります。これらの多くは、購入時手数料が無料なうえ、運用コストが低いです。日本債券型の投資信託に比べれば少々リスクは高いですが、投資信託の価格(基準価格)の決まり方がシンプルです。

このページでは販売手数料(購入時手数料)・信託報酬(運用管理費用)が低く、長期で運用しやすいものを中心に紹介しています。

各タイプの信託報酬ランキング

日経平均型

TOPIX型

JPX日経400型

ランキング上位銘柄の詳細

※各銘柄のトータルリターンは2020年10月現在のものです。

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)

業界最低水準の運用コストを目指すインデックスファンドシリーズ「eMAXIS Slimシリーズ」の1本です。日経平均株価との連動を目指す投資信託の中でも、信託報酬(運用管理費用)が年0.154%と、業界最低水準に設定されています。

最新の情報はこちら

【トータルリターン】
1年 3年 5年
8.55% - -

※年率換算

【購入できる主な証券会社】

  • SBI証券ボタン
  • マネックス証券ボタン
  • 楽天証券ボタン
  • auカブコム証券ボタン
  • 松井証券ボタン
eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

業界最低水準の運用コストを目指すインデックスファンドシリーズ「eMAXIS Slimシリーズ」の1本です。TOPIXとの連動を目指す投資信託の中でも、信託報酬が年0.154%と、業界最安水準に設定されています。

最新の情報はこちら

【トータルリターン】
1年 3年 5年
4.76% 1.23% -

※年率換算

【購入できる主な証券会社】

  • SBI証券ボタン
  • マネックス証券ボタン
  • 楽天証券ボタン
  • auカブコム証券ボタン
  • 松井証券ボタン
<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド

<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド

運用コストの低さで定評のあるインデックスファンドシリーズ「<購入・換金手数料なし>シリーズ」の1本です。JPX日経400は、日本に上場する株式の中から、財務や経営効率に優れた400銘柄の値動きを表した指数です。信託報酬は年0.2145%と、業界最低水準に設定されています。

最新の情報はこちら

【トータルリターン】
1年 3年 5年
5.11% 1.43% 4.78%

※年率換算

【購入できる主な証券会社】

  • SBI証券ボタン
  • マネックス証券ボタン
  • 楽天証券ボタン
  • auカブコム証券ボタン
  • 松井証券ボタン

その他のおすすめ投資信託

コモンズ30ファンド

コモンズ30ファンド

日本株に投資するアクティブファンドの1つです。世界で成長する30銘柄ほどに集中して投資します。つみたてNISAの対象銘柄にも選ばれており、長期的な投資に向いている投資信託と言えます。信託報酬は年1.078%と、アクティブファンドの中では低めに設定されています。

最新の情報はこちら

【トータルリターン】
1年 3年 5年
12.36% 3.90% 8.44%

※年率換算

【購入できる主な証券会社】

  • SBI証券ボタン
  • マネックス証券ボタン
  • 楽天証券ボタン
  • auカブコム証券ボタン
  • 松井証券ボタン

その他の日本株式ファンド(全222ファンド)

もっと見る