PC表示スマホ表示

海外ETFの比較

海外ETFは、NYダウやS&P500といった株価指数などと連動する成果を目指す商品です。「運用には外国株口座が必要」、「為替変動のリスクがある」、「売買手数料がある」など、取引に関するハードルがありますが、運用にかかるコスト(経費率)が低いという魅力のある商品です。

コストの例を見てみましょう。米国の株価指数「S&P500」と連動する成果を目指す「海外ETF」と「投資信託」、それぞれにかかる費用を比較します。比較するのは運用コストの低さで有名な投資信託eMAXIS Slim米国株式(S&P500)と、海外ETFバンガード・S&P 500 ETF(VOO)です。

分類 銘柄名 経費率
(運用コスト)
海外ETF VOO
バンガード・S&P 500 ETF
0.03%
投資
信託
eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.096%

以上のように、バンガード・S&P 500 ETF(VOO)は、投資信託の1/3程度のコストで運用できます。長期にわたる投資において、運用コストの低さは将来のリターンにプラスに働きます。「運用にかかるコストは低く抑えたい」という人は、海外ETFの運用を検討してみてはいかがでしょうか。

このページでは、海外ETFの中でも、米国の株式市場に上場するETFで、取引量が多いものをピックアップしてご紹介します。

分類 ティッカー/銘柄名 経費率
(運用コスト)
全世界 VT
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF
0.09%
米国 VTI
バンガード・トータル・ストック・マーケットETF
0.03%
米国 VOO
バンガード・S&P 500 ETF
0.03%
米国 SPY
SPDR S&P 500 ETF
0.09%
米国 IVV
iシェアーズ・コア S&P 500 ETF
0.04%
米国 QQQ
インベスコQQQ 信託シリーズ1
0.2%
米国
(高配当株)
VYM
バンガード・米国高配当株式ETF
0.06%
米国
(高配当株)
HDV
iシェアーズ コア米国高配当株 ETF
0.08%
米国
(高配当株)
SPYD
SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF
0.08%
米国
(高配当株)
PFF
iシェアーズ 優先株式&インカム証券 ETF
0.46%
米国
(レバレッジ)
SPXL
Direxion デイリー S&P 500 ブル3倍 ETF
1%
米国
(情報技術)
VGT
バンガード・米国情報技術セクターETF
0.1%
米国
(債券)
BND
バンガード 米国トータル債券市場ETF
0.04%
米国
(高利回り債券)
JNK
SPDR ブルームバーグ・バークレイズ・ハイ・イールド債券 ETF
0.4%
先進国
(除く日本)
TOK
iシェアーズ MSCI コクサイ ETF
0.25%
新興国 VWO
バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF
0.12%

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用