おすすめ海外ETFの比較紹介

海外ETFは、NYダウやS&P500といった株価指数などと連動する成果を目指す商品です。

  • 運用には外国株口座が必要
  • 為替変動のリスクがある
  • 売買手数料がかかる

このように、取引に関するハードルは少し高いですが、運用にかかるコスト(経費率)が低いという魅力のある商品です。

コストの例を見てみましょう。米国の株価指数「S&P500」と連動する成果を目指す「海外ETF」と「投資信託」、それぞれにかかる費用を比較します。比較するのは運用コストが低いことで有名な投資信託「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」と、海外ETF「バンガード・S&P500 ETF(VOO)」です。

分類 銘柄名 運用コスト
海外ETF VOO
バンガード・S&P500 ETF
0.03%
投資信託 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 0.10%

※小数点第三位を四捨五入

このように、バンガード・S&P500 ETF(VOO)は、投資信託の1/3程度のコストで運用できます。長期にわたる投資において、運用コストの低さは将来のリターンにプラスに働きます。「運用にかかるコストは低く抑えたい」という人は、海外ETFでの運用を検討してみてはいかがでしょうか。

このページでは、海外ETFの中でも、米国の株式市場に上場するETFで、取引量が多い銘柄をピックアップしてご紹介します。

海外ETFで特におすすめなのは、バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)です。全世界の大型株から小型株まで幅広く分散投資できます。

また、インベスコQQQ 信託シリーズ1(QQQ)もおすすめの海外ETFです。アメリカの会社の中でも、特に代表的な約100銘柄で構成される指数「NASDAQ100」へ連動させるようにQQQは運用されます。

「NASDAQ100」に連動させる投資信託は、まだまだ低コスト化が進んでいないのでQQQを使えば、大幅に運用コストを抑えられます。(参考:海外ETFを使ったリレー投資