PC表示スマホ表示

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)

(最終更新日 2019/08/13)

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)は、米国の大型株、中型株および小型株約4,000銘柄を含む株式指数「CRSP USトータル・マーケット・インデックス」に連動した投資成果を目指すETFです。この株式指数は米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーしています。(おすすめ度 ★★★★★

基礎データ

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)の価格推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 CRSP USトータル・マーケット・インデックス
設定日 2001年5月24日
分類 海外ETF
価格 152.67米ドル
経費率
(信託報酬)
0.03%
純資産総額 1,733.58億米ドル
騰落率
(1年/3年/5年)
3.83% / 40.78% / 63.83%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

ETFの紹介

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)は、世界最大の運用会社バンガード社が運用するETFです。米国の大型、中型、小型株へ分散投資をし、米国株のほぼ100%をカバーする株式指数「CRSP USトータル・マーケットインデックス」と連動する成績を目指しています。米国市場の幅広い銘柄に分散投資できるのが、VTIの魅力といえるでしょう。

構成比率はテクノロジーが全体の20.4%と高く、マイクロソフトが3.2%、アップルが2.8%、Amazonが2.6%となっています。

バンガード社のETFは、運用にかかる費用(経費率)が低いことが特徴です。一般的な米国の大型株に投資するETFの経費率は0.3%近い手数料がかかりますが、このETFの経費率は0.03%と、約1/10の手数料となっています。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

  • SBI証券
  • 楽天証券

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用