PC表示スマホ表示

三井住友DS−日本株厳選ファンド・豪ドルコース

(最終更新日 2019/04/26)

三井住友DS−日本株厳選ファンド・豪ドルコース」は、主に東証1部の株式を運用しているアクティブ型の投資信託で、割安と判断される魅力的な銘柄を選んでいます。また、“オーストラリア・ドル”による為替ヘッジをかけていますので、「オーストラリアドル・円レート」の影響を受けます。(おすすめ度 ★☆☆☆☆

基礎データ

三井住友DS−日本株厳選ファンド・豪ドルコースの基準価額、純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 なし
ファンド設定日 2011年4月26日
分類 国内株式型アクティブ
基準価格 11,089円
最低申込金額
(SBI証券)
100円〜
購入時手数料 3.24% (1,000万円未満)
運用管理費用
(信託報酬)
1.719%程度
信託財産留保額 無料
運用資産額 84.55億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
44.21% / 7.95% / 22.65%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

投資信託の紹介

購入手数料は3.24%と国内株ファンドでは突出して高く、運用管理費用も1.719%と、かなり高い水準にあります。購入は“100円から(SBI証券の場合)”できますが、分配金を毎月出していますので、そのぶん利益が利益を生む「複利効果」は弱くなっています。2021年4月に資金を返却する予定で、現在の純資産総額は145億円となっています。

いくらオーストラリアドルの為替ヘッジで手間がかかっているとはいえ、国内株ファンドでこのコスト水準はありません。しかも、日本株のパフォーマンス自体はTOPIX[東証株価指数]と同じ程度で、購入手数料の3.24%を考慮すると、実質的には下回っています。また、為替ヘッジがかかっていることで、オーストラリアドルの動向も考慮しなくてはならず、投資するタイミングが格段にむずかしくなっている点も、個人的にはマイナスかと思います。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用