PC表示スマホ表示

インベスコ−店頭・成長株オープン

(最終更新日 2017/11/30)

インベスコ−店頭・成長株オープン」は、日本の新興市場(JASDAQ、マザーズなど)に上場する株式を運用する投資信託です。継続的な高い利益成長によって、東証一部へ上場していくと見込まれる企業に投資します。アクティブ型ですが手数料はそれほど高くありません。(おすすめ度 ★☆☆☆☆

基礎データ

インベスコ−店頭・成長株オープンの基準価額、純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 なし
ファンド設定日 1993年12月29日
分類 国内株式型アクティブ
基準価格 49,588円
最低申込金額
(SBI証券)
100円〜
購入時手数料 無料
運用管理費用
(信託報酬)
1.08%
信託財産留保額 無料
運用資産額 116.87億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
41.16% / 21.32% / 29.26%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

インベスコ−店頭・成長株オープンの組入上位10銘柄

投資信託の紹介

購入手数料は無料かかりますが、運用管理費用は1.08%と比較的安めに設定されています。購入は“100円から(SBI証券の場合)”はじめることができ、純資産総額は94億円です。


これは組入れ上位銘柄をひと目見ただけで個性を感じますね。上位に組み込まれている「ワコム」「遠藤照明」「Jトラスト」などは、いずれもここ1年で倍以上に値上がりしています。これはパフォーマンスも凄そうだと思ったのですが、直近3年ほどで見ると、JASDAQ平均を大きく下回っています(汗”) これはつまり、上がった株を後から購入しただけで、「ファンドマネージャーの眼力が凄い」というわけではなかったのですね。とても優秀なファンドを見つけたと思っただけに残念です。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用