PC表示スマホ表示

日興−低位株オープン

(最終更新日 2017/12/05)

日興−低位株オープン」は、東証1部に上場する低位株(株価の低い株式)を運用する投資信託です。構成比率の高い業種は、銀行10.2%、建設9.5%、化学9.1%となっています。アクティブ型なので手数料は少し高くなっています。(おすすめ度 ★★★★☆

基礎データ

日興−低位株オープンの基準価額、純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 なし
ファンド設定日 1993年5月28日
分類 国内株式型アクティブ
基準価格 21,921円
最低申込金額
(SBI証券)
100円〜
購入時手数料 2.16%
運用管理費用
(信託報酬)
0.9936%以内
信託財産留保額 無料
運用資産額 54.41億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
40.98% / 14.65% / 22.57%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。


日興−低位株オープンの組入上位10銘柄

 

投資信託の紹介

購入手数料は2.16%、運用管理費用は0.9936%と少し高めに設定されています。購入は“100円から(SBI証券の場合)”でき、純資産総額は56億円となっています。


私は個別に日本株へも投資しているのですが、上記の組入れ銘柄はほとんどスルーしてますね(汗”) おそらく収益水準で見ると割安ではないんでしょう。そもそも、株価が低いからといって割安なわけではないですし、だいたいこういう株はどこかに問題を抱えているんですよね。ただ、パフォーマンスを市場平均(TOPIX、日経平均)と比べてみると、おどろくことに当ファンドが上回っています(とくにリーマンショック以降は圧倒しています、笑)。 自身を持っておすすめすることはできませんが、ポートフォリオの一部に組入れるのは“アリ”なんじゃないでしょうか。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用