PC表示スマホ表示

One-コア30インデックス[旧:新光−コア30インデックス]

(最終更新日 2017/12/07)

One-コア30インデックス[旧:新光−コア30インデックス]」は、TOPIXコア30への連動を目指して運用する投資信託です。インデックス型で手数料も安くなっています。(おすすめ度 ★★★☆☆

基礎データ

ニッセイ−One-コア30インデックスの基準価額、純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 TOPIXコア30
ファンド設定日 1998年11月30日
分類 国内株式型アクティブ
基準価格 9,420円
最低申込金額
(SBI証券)
100円〜
購入時手数料 無料
運用管理費用
(信託報酬)
0.864%
信託財産留保額 0.5%
運用資産額 23.98億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
18.63% / 5.74% / 16.33%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

投資信託の紹介

購入手数料が無料なのに加え、購入も“100円から(SBI証券の場合)”始めることができます。ただ、日本株インデックスファンドでは、“無料が一般的”となりつつある信託財産留保額が、0.5%課せられている点がややマイナスです。

今後の日本経済のポイントは、「消費増税をいつ実施するのか」だと思います。現在(2013年9月)、日本は不況の原因であるデフレ(持続的な物価下落)を、ようやく脱しつつあります。状況的には1997年と似ており、このときは消費増税を実施したことで、回復しつつあった景気の腰を折り、再び不況を引き起こしてしまいました。個人的に、2014年4月の増税は時期尚早だと思っており、「法人減税」などの景気対策がなければ、再び同じ道をたどってしまうのではないかと考えています。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用