PC表示スマホ表示

三井住友TAM−キャッシュフロー経営評価オープン(愛称:選球眼)

(最終更新日 2017/11/09)

三井住友TAM−キャッシュフロー経営評価オープン(愛称:選球眼)」は、日本の株式を運用する投資信託です。キャッシュフロー評価により、割安性があると判断できる銘柄に投資します。アクティブ型なので手数料は少し高くなっています。(おすすめ度 ★★★☆☆

基礎データ

三井住友TAM−キャッシュフロー経営評価オープン(愛称:選球眼)の基準価額、純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 なし
ファンド設定日 2000年6月30日
分類 国内株式型アクティブ
基準価格 13,348円
最低申込金額
(SBI証券)
100円〜
購入時手数料 無料
運用管理費用
(信託報酬)
1.62%
信託財産留保額 0.3%
運用資産額 22.14億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
36.43% / 13.55% / 22.23%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

三井住友TAM−キャッシュフロー経営評価オープン(愛称:選球眼)の組入上位10銘柄

投資信託の紹介

購入手数料は無料で、運用管理費用は1.62%と少し高めに設定されています。購入は“100円から(SBI証券の場合)”でき、純資産総額は17億円となっています。


キャッシュフローに注目した選択だけあって、どこもしっかり本業で儲けを出していますね。ただ、パフォーマンス自体は微妙です(汗”) 上昇局面では、TOPIX(東証株価指数)を上回る勢いで上がっていますが、下落局面ではその逆で、勢いよく下がっています。これでは単に、市場平均連動型ファンドのリスクを大きくしただけです。リスクを取ってリターンを出すだけなら誰でもできます。運用のプロなら、“リスクを減らして”リターンを高めてくれませんとね(笑)

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用