ワンタップバイ

One Tap BUY公式サイトより
One Tap BUY公式サイトより

One Tap BUY(ワンタップバイ)は、は、スマートフォンで手軽に株を買える「スマホ証券」です。主な特徴をかんたんにまとめました。

  • スマートフォンアプリからかんたんに投資できる
  • 日本の有名な銘柄に1,000円から投資できる

One Tap BUYには、一般的なネット証券のように多くの機能がなく、取引できる銘柄も限られています。しかし、従来の証券会社にない手軽さで、たった1,000円から株を買えます。そんなOne Tap BUYの魅力について紹介します。

One Tap BUYとは?

One Tap BUYは投資信託のように「株」を少額から取引できるサービスです。他のネット証券でもスマートフォンから取引ができますが、One Tap BUYはアプリを使って、最短3タップ操作するだけで、かんたんに株取引ができます。

One Tap BUY取引の流れ
One Tap BUY公式サイトより

取引に必要な作業はたったこれだけです。「こんなにかんたんでいいのか?!」と拍子抜けするくらいです。しかも株の売買は基本24時間365日受け付けているので、時間を気にせず取引できます。

One Tap BUYでは、トヨタ・JR東日本など日本の有名な企業130銘柄を取引できます。また、130銘柄の中には、株式市場全体の成績に投資できる「まるごと日本株」も用意されています。これは日経平均株価と連動するETFに投資できるものです。日経平均株価が上がると利益が出るETFだけでなく、日経平均株価が下がると利益が出るETFも用意されています。

どの銘柄も1,000円から買えます

One Tap BUY最大の特徴は、取り扱われる銘柄は全て1,000円単位の金額指定で買えるという点です。まるで投資信託のように株を買えます。一般的に株を買う場合、数万円~数十万円単位でお金が必要です。One Tap BUYは、少額から投資したい人にぴったりのサービスです。

One Tap BUYの手数料

One Tap BUYの売買手数料は、各銘柄の価格(基準価格)に含まれています。手数料の詳細は以下のとおりです。

<日本株の売買手数料>
買付時間帯 手数料(税抜)
全時間帯 基準価格の0.5%

投資のことがわかるマンガを読める

かんたんに株が買えるといっても、投資のことはよくわからない。そんな人向けに、「投資の基本」が学べるマンガが用意されています。One Tap BUYに口座開設すれば、無料で見れます。

One Tap BUYアプリの画像
One Tap BUY公式サイトより

One Tap BUYの利用で注意したいポイント

手軽に投資ができるOne Tap BUYですが、利用時に注意しておきたいポイントをまとめましたので確認をしておきましょう。

  • 取引できる銘柄が限定されている
    One Tap BUYで取引できる銘柄は、日本株140銘柄と限定されています。しかし、投資できる銘柄が多すぎて迷ってしまう人には、取引銘柄が限定されているほうが取引しやすいでしょう。
  • 過去の株価チャートはチェックできない
    One Tap BUYは、アプリから各銘柄の現在の株価をチェックできますが、過去の株価はチェックできません。ただ、過去の株価はネット検索などでかんたんにチェックできるので、そちらで確認すれば問題はないでしょう。
  • 入出金に手数料がかかる
    One Tap BUYでは、みずほ銀行を経由してOne Tap BUYの証券口座へ入出金をおこないます。この入出金のたびに、手数料がかかるのがネックです。
<One Tap BUYの出金手数料>
出金額 出金先別手数料(税抜)
同行宛て 他行宛て
3万円未満 100円 250円
3万円以上 200円 350円

※入金手数料は、利用する金融機関によって異なります。

One Tap BUYは、シンプルかつ手軽に投資をしたい人におすすめの証券会社

One Tap BUYは、機能を限定したり、投資先を厳選したりすることで、シンプルかつかんたんな操作で、日本株に手軽に投資ができます。「投資に興味があるけれど、取引がむずかしそう」という人は、One Tap BUYを試してみてはいかがでしょうか。

※サービスに変更がある場合もあります、最新の情報は公式サイトでご確認ください