PC表示スマホ表示

SBI証券でTポイントを貯めて投資信託が買える! ポイントの貯め方・使い方を紹介

SBI証券のTポイント画像

SBI証券公式サイトより

SBI証券では、2019年7月より新たなポイントサービスが始まりました。投資信託の運用や、株の売買によって、Tポイントが貯まります。また、貯めたポイントは投資信託の購入に使えます。このページでは、SBI証券のTポイントサービスに関する「ポイントの貯め方」、「ポイントの使い方」を紹介します。

SBI証券のTポイントサービスとは?

Tポイントサービスとは、SBI証券で各種取引をすることでTポイントが貯まるサービスのことです。また、貯めたポイントは、1ポイント=1円で投資信託の買い付けに使えます。

Tポイントの貯め方

SBI証券で投資信託の運用や株の売買をすることで、Tポイントが貯まります。主なポイントの貯め方をいくつかまとめました。

主なTポイントの貯め方
株の取引 株の取引手数料の1.1%をポイント還元
投資信託の
運用
投資信託の月間平均保有額
・1,000万円未満:年率0.1%相当のポイント
・1,000万円以上:年率0.2%相当のポイント
新規口座開設 100ポイント
その他 各種キャンペーンを利用する

Tカード登録で、普段から貯めているポイントがSBI証券で使えます

また、SBI証券でお持ちのTカードを登録すると、提携先で貯めたポイントをSBI証券で使えるようになります。例えば、コンビニエンスストアのファミリーマートは、Tカード提携店舗です。ファミリーマートでTカードを使っている人なら、カード登録を済ませておいて損はないでしょう。

Tポイントの使い方

SBI証券で貯めたTポイントは、1ポイント1円として投資信託の買付に使えます。最低でも1ポイントから使うことができるので、ポイントが貯まるまで待つ必要もありません。金額を指定した買付であれば、どの投資信託でも買付できます。

※ただし、積立買付や口数を指定した買付ではポイントが使えないので注意しましょう。


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用