PC表示スマホ表示
積立投資の基礎2 - 積立投資のはじめ方

積み立て注文の出し方

さていよいよ、ファンドの注文です! 積み立て投資は、「買い注文」を設定しておけば、あとは毎月自動的に注文を出してくれるので、とってもかんたんです。

また、積み立ての途中で金銭的に厳しくなったときは、「積み立て金額を減らすこと」や、「積み立て自体を止めること」もできます。たとえ、いったん積み立てを止めたとしても、契約を解約しなければ、それまでに積み立てたファンドは、そのまま運用が継続されます。

先ほどの『購入窓口を決める』でSBI証券(ネット証券)が有利という結果が出ましたので、そちらを軸にして積み立て注文の出し方を進めていきます。

SBI証券投資信託買い注文


 このページで解説をすると少し手狭なので、こちらのページ(新しくウインドウが開きます)に詳しい手順を作りました。SBI証券の「口座開設」から「積み立て注文」、「解約」や「出金」などすべて理解できます。まだ口座をお持ちでない方、やり方がよくわからない方はぜひご参考ください。画像付きで解説しているので、どなたでもご理解いただけると思います!


積立投資の基礎1
積立投資ってなに?

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用