PC表示スマホ表示
積立投資の基礎2 - 積立投資のはじめ方

積み立て投資をはじめるまでの流れ

お待たせしました、いよいよ積み立て投資の実践に入ります。ここまで学んだことを活かして積み立て投資を実践しましょう。まず、積み立て投資をはじめるうえで最初にやっておきたいことは、「1、目標設定をする」ことです。たとえば、「60歳までに2,000万円」とか「65歳までに3,000万円」という目標設定です。

いつまでにいくらのお金をつくっておく必要があるのか、この機会に一度まじめに向き合って考えてみてください。人によって積み立てられる金額や投資できる期間、リタイヤ後の生活水準などさまざまですから、自分に合った目標設定が必要です。

次に「2、資産配分」を決めましょう。目標を達成するためには、「どの投資対象にどれくらいの割合でいくらずつ積み立てるか」を考えなくてはなりません。この資産配分によって、成功・失敗の8割が決まってしまうといわれるくらい重要なことです。絶対にこれが正しいという資産配分は存在しませんが、自分にとって無理のないベターな資産配分を決めてください。

資産配分が決まったら、「3、積み立てるファンド(投資信託)」を選びましょう。どのファンドを使って積み立てましょうか?先ほどのページで学んだように、バランスファンドでもいいですし、インデックスファンドを組み合わせてもよいでしょう。ここでは、自分でファンドを探す方法も見ていきます。

積み立てるファンドが決まったら、それを買う「4、購入窓口」を決めます。窓口によって取り扱っているファンドの種類は異なりますし、購入するときの手数料が違うこともありますので、できるだけ有利な窓口を選びましょう。

窓口が決まったら、次は「5、ファンドの注文」を出します。「毎月1回、1日に注文を出す」といった“しくみ化”をしてしまえば、あとは楽ちんです。毎月自動的に注文が出ますので、積み立て預金の感覚で投資を進めることができます。

最後に「6、運用状況の確認」です。想定通りにうまく運用されているか、またリバランスの必要があるかチェックをします。複数のファンドを積み立てていると、運用状況を確認するときに、それぞれサイトにログインしてチェックしなければなりませんが、そんな手間を省くツールがありますので、後ほど紹介します。


積立投資の基礎1
積立投資ってなに?

初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用