つみたてんとうシリーズ – 三菱UFJ国際投信

つみたてんとうシリーズ

つみたてんとうは、三菱UFJ国際投信が運用するインデックスファンドシリーズです。ゆうちょ銀行をはじめ、さまざまな金融機関で買えます。同じ、三菱UFJ国際投信が運用するeMAXIS Slimシリーズに比べると信託報酬が少し高めに設定されています。

起用されているキャラクターの名前は「ツミタテントゥ」です。てんとう虫は、昔から幸せのシンボルとされています。

つみたてんとうシリーズのラインナップ

ゆうちょ銀行で投資したい人におすすめ

つみたてんとうシリーズは、幅広い金融機関で取り扱いがあり、ゆうちょ銀行でも買えます。身近なところで投資をはじめたいという方は、つみたてんとうから選ぶことをおすすめします。

もし、ゆうちょ銀行の人から他の投資信託をおすすめされても、基本的には買わないほうがいいです。なぜなら、販売員の人がおすすめする銘柄は、銀行側の利益が重視されていて、お客さんにとっては不利な条件になっている場合が多いからです。

つみたてんとうは十分コストが低いシリーズですが、eMAXIS Slimシリーズなどに比べると手数料が少し高めです。できれば、SBI証券のようなネット証券に口座を開いて、よりお得な投資信託を選ぶことをおすすめします。

このシリーズはすべてつみたてNISAの対象です

つみたてんとうシリーズの銘柄は、すべてつみたてNISAの対象商品です。つみたてNISAは、投資の利益にかかる税金がゼロになるお得な制度です。つみたてNISAで投資できる銘柄は、国が定めた厳しい基準をクリアした投資信託に限られます。

つまり、つみたてんとうは、国が認めた優良な銘柄だということです。ただし、繰り返しになりますが、eMAXIS Slimシリーズのほうがお得です。

「つみたてんとう」と「eMAXIS Slim」は、三菱UFJ国際投信が同じ場所にまとめて運用するのでパフォーマンスは同じになります。違うのは信託報酬という手数料だけです。eMAXIS Slimは、主にネット証券だけに販売窓口を絞り込んでいるので、よりお得な水準の手数料となっています。

その他のインデックスファンドシリーズと比較

「eMAXIS Slim」は業界最低水準の運用コストを目指すインデックスファンドシリーズです。

手数料の引き下げに積極的で、投資信託の事情通たちから評判のいいインデックスファンドシリーズです。

低コストのインデックスファンドと合わせて、利益重視型の低コストアクティブファンドも登場しました。