PC表示スマホ表示

大和-iFreeレバレッジ S&P500

(最終更新日 2019/01/28)

大和-iFreeレバレッジ S&P500」は、その日の基準価額の値動きが、S&P500指数の値動きの2倍になるように運用しているブル型の投資信託です。S&P500指数は、アメリカ市場における代表的な500銘柄を、時価総額に応じて組み込んで算出した株価指数です。(おすすめ度 不明

基礎データ

大和-iFreeレバレッジ S&P500の基準価格・純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 S&P500指数(2倍)
ファンド設定日 2018年8月31日
分類 外国株式型アクティブ
基準価格 8,052円
最低申込金額
(SBI証券)
100円〜
購入時手数料 2.16%
運用管理費用
(信託報酬)
0.972%
信託財産留保額 無料
運用資産額 3.00億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
-% / -% / -%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

投資信託の紹介

大和投信が運用している外国株式型の投資信託です。購入時の手数料が2.16%で、運用管理費用0.972%と、一般的な外国株式型の投資信託と比べると、かなり高めの水準にあります。

組み入れ上位銘柄を見ると、S&P500の先物ミニが197.1%、次いでアメリカの短期債券で1か月後に満期を迎えるもの、2か月後に満期を迎えるもの、3か月後に満期を迎えるものがそれぞれ20.7%ずつ組み入れられています。先物ミニを利用して2倍の値動きをめざし、残りを短期債に回しています。運用については、ベンチマークがありませんので、適切におこなわれているか客観的に判断しにくいです。投資される方は、実際に日々の値動きを自分で見て、どれだけ誤差が出ているのか確認していただくのがよいでしょう。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

  • マネックス証券
  • 楽天証券
  • 松井証券
  • 岡三オンライン証券

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用