PC表示スマホ表示

日興-資源ファンド(株式と通貨)南アフリカランド・コース

(最終更新日 2018/02/22)

日興-資源ファンド(株式と通貨)南アフリカランド・コース」は、日本を除く世界各国の資源株を運用しているアクティブ型の投資信託です。“南アフリカランド”で為替ヘッジをかけていますので、為替は「南アフリカランド・円レート」が反映されます。(おすすめ度 ★☆☆☆☆

基礎データ

日興-資源ファンド(株式と通貨)南アフリカランド・コースの基準価格・純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 なし
ファンド設定日 2009年7月31日
分類 外国株式型アクティブ
基準価格 2,255円
最低申込金額
(SBI証券)
100円~
購入時手数料 3.24%(1000万円未満)
運用管理費用
(信託報酬)
1.79%程度
信託財産留保額 無料
運用資産額 65.83億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
21.99% / 2.57% / 0.01%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

投資信託の紹介

購入手数料は3.24%で、運用管理費用も1.79%と高く、保有するだけでかなりの負担となります。購入は“100円から(SBI証券の場合)”できますが、資産の2%にもおよぶ分配金を毎月出していますので、長期の資産形成を目的とした利用には向いていません。現在は64億円を運用しており、2024年6月に償還(資金返却)の予定です。

世界的に景気が低迷していることと、シェールガス革命でエネルギー価格が抑えられていることで、資源株のパフォーマンスもさえない展開が続いています。また、為替ヘッジ通貨の南アフリカランドは、ここ2年ほど横ばいに推移しており、それほどパフォーマンスには影響を与えていません。2014年はアメリカの景気が本格的に回復しはじめるため、エネルギーに対する需要も拡大していくと思われますが、シェールガスの供給量も増えていくため、どれだけ価格に転換できるかは未知数です。

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用