PC表示スマホ表示

SBI - EXE-iグローバル中小型株式ファンド

(最終更新日 2018/02/07)

SBI - EXE-iグローバル中小型株式ファンド」は、日本を含む世界の中小型株式への投資をおこなっている投資信託です。国別の組入比率は、アメリカが49%と半分を占め、日本が10%、イギリスが8%と続いています。インデックス型で手数料も安く、みなさんのポートフォリオに組み入れていただくのにおすすめなファンドと言えます。(おすすめ度 ★★★★☆

基礎データ

SBI - EXE-iグローバル中小型株式ファンドの基準価格・純資産総額の推移

※SBI証券公式サイトより

連動対象 MSCI オール・カントリー
ワールド・インデックス
スモールキャップ
ファンド設定日 2013年5月13日
分類 世界株式型インデックス
基準価格 15,738円
最低申込金額
(SBI証券)
100円〜
購入時手数料 無料
運用管理費用
(信託報酬)
0.3524%程度
信託財産留保額 無料
運用資産額 46.48億円
トータルリターン
(1年/3年/5年)
17.14% / 8.24% / -%

⇒最新のチャート・基礎データはこちらよりご覧になれます。

投資信託の紹介

低コスト運用がウリの『EXE-i』シリーズの1つで、米国・日本などの中小型株に投資できるファンドです。購入手数料が無料なのに加え、運用管理費用は年0.3724%、購入も“100円から(SBI証券の場合)”とたいへんお手軽な金額で始めることができます。世界の中小型株に低いコストで投資出来るというのは、なかなか魅力的だと思います。

2013年の運用開始以来純資産を増加させ、運用額は約18億となりました。パフォーマンスの方は設定から間もないこともあり、まだ何とも言えませんが、市場平均に連動する上場投資信託[ETF]を通じた運用をおこなっていること から、それほど心配する必要もないでしょう。中小の株式に投資するタイプの商品なので、大型株に投資する商品と比べて値動きは大きい傾向があります。『バランス型のファンドを持つ』『積み立て投資をする』などの取り組みでリスクの分散を考えると良いのではないでしょうか?

主な販売窓口(ネット証券会社など)

この投資信託を見た方へのおすすめ


初心者取引ガイド

証券会社の口座開設から、投資信託の取引や積み立て投資を始めるところまで、画像などを使いながら、初心者の方でもわかるように解説しています。

NISAをはじめよう!

NISA(少額投資非課税制度)は、投資の利益にかかる税金が、約20%から『非課税』になる制度です。メリット・デメリットを知り、上手にNISAを使いましょう!!

NISAで投資信託を運用